ERPソフトウェアをお探しですか?

どんなERPを選択するべきかお悩みですか?
会社経営をサポートするERPを選択するコツは、論理的基準に従ってひとつずつ解決してゆく事です。

必要な機能に対応しているERP

  • 管理が必要な業務の把握と必要な機能の整理
  • ERPサービス提供会社の体験プログラムへ積極的に参加
  • 相談窓口などを活用し必要な機能の対応状況を検討
  • 業務環境の変化を考慮したERPの機能拡大や対応有無
ERPを選択するにあたり、必要な機能に対応しているかどうかを確認する必要があります。
しかし、企業の経営環境は常に変化してゆくため、現時点で必要な機能だけではなく今後の経営環境の変化によって発生する業務まで考慮し てERPを選択される事をおすすめします。

必要な情報を希望する形態で確認できるERP

ERPを選択する場合、単純に‘希望する機能がある’から一歩踏み出し、それらの機能を経営環境に合わせて希望される形態に変更したり、意思決定に役立てる事が出来る形態の報告書を確認する事が出来る必要性があります。
  • 加工せず希望通りの形態で報告書を即時に確認する事が出来るかどうか
  • 報告書の書式を簡単に設定し様々な形態で出力する事が出来るかどうか

簡単に操作できるERP

いくら様々な機能に対応しているERPでも、操作方法が難しいのであれば何の意味もありません。 そのため、ユーザーがERPをしっかりと活用出来るよう、操作が難しくなく簡単にデーターを入力する事が出来るERPを選択する必要があります。
  • 業務に対する専門家知識がない初心者の方でも簡単に使用する事が出来るかどうか
  • 入力方式をユーザーの水準や環境に合わせて容易に設定する事が出来るかどうか

費用面ではどうでしょうか?

  • ソフトウェアの構築費用は?
    (サーバー/ライセンス購入/システムカスタマイジング/構築期間など)
  • メンテナンス費用は?
    (システム管理/サーバーセキュリティ/ネットワークのメンテナンスや増築/人件費など)
  • ユーザー数による追加費用の発生は?
  • システムのアップグレードによる追加費用の発生は?
  • ユーザーのシステム教育に対する費用発生は?
ERP導入費用を検討する場合、初期導入費用だけではなくメンテナンス費用も共に検討する必要があります。
つまり、最小の費用でご希望の機能を充分にご利用頂けるシステムかどうかを確認する事が重要です。

長く使用する事が出来るERP

システムを持続的に使用するために検討する事
  • ERPサービス提供会社の信頼性
  • システムのアップグレードとメンテナンスの定期性
  • システム上の問題発生時の対応速度
  • 操作方法に慣れるための適切な教育プログラムの実施
  • お問合せやご相談窓口の確保