カスタマイジングERPソフトウェア

ERPの導入には、高額な費用と時間が費やされます。多くのERPソリューションの場合は、特定のモジュールや機能別に費用が発生します。中小企業の立場から見ると、これらの費用や適切性に関して適切なソリューションであるとは言えません。ECOUNT ERPは、中小企業が必要とする機能を提供し、導入までの期間を最大限短縮する事が出来るよう標準化されています。

制作理由

  • ERPなどの経営管理システムを使用する大部分の企業様は、システムを運営しているのにもかかわらず、業務変化の対応に遅れをとり、エクセルなどの重複作業を反復しています。
  • 企業様の成長や環境、要求事項が常に変化するため、ERPもそれに合わせて、変化する必要があります。
  • 構築型の場合、事業運営が順調のため、業務の多様化により、組織が分割されるなどの変化に応じて、ハードウェアの追加とソフトウェアの変化が必要となります。しかし、この際に発生するカスタマイジング費用は、初期プログラム購買費用に匹敵する程の費用が要求される場合も少なくありません。
  • 業務に合わせてシステムを修正する際、高額の費用が投資され期間が長引くと、業務が断絶される、効率的な運営を行う事が出来ません。
ECOUNT ERPは、希望される機能を自ら変更する事が出来るERPです。ECOUNTというひとつのERPシステム内で、企業が必要とする全ての機能を使用する事ができ、 その機能を各企業様に合わせてカスタマイジングする事が出来ます。

効率性

  • 将来発生する可能性のある要求事項が、すでに反映されているシステムのため、現時点から将来まで、企業様に合わせて不自由なく使用頂けます。
  • ユーザーが直接、企業様に合わせて入力画面から出力画面まで、希望される通りに変更する事が出来ます。
  • 業務と経営環境が変化しても、システムを追加構築したり、新しいシステム導入を行うまでの苦労やシステムの断絶なく、継続してご利用頂けます。
  • 書式設定 機能を各部署や役職別に、業務上、必要なデーターを別に再加工せず、そのまま便利に照会する事が出来ます。

重要機能

希望される報告書形態で出力物の設定

  • ECOUNT ERPは、基本的に様々な出力物を提供
  • 各出力物は、ユーザーが希望する形態に変更する事ができ、最大50種類まで帳簿を作成し照会する事が可能
  • 取引明細書, 発注書、見積書など、取引先に送る書式も変更でき、最大50種類まで登録し、選択出力する事が可能
[在庫現況書式設定]

入力画面の自由自在な設定

  • ユーザーが、各入力画面のサイズやフィールドを、自由自在に設定し、使用する出来る機能
  • 見積/注文/販売/購買/不具合処理/作業指示書などの入力画面で、入力項目を追加したり、生成する事が可能でき、不要な入力項目は、削除する事も可能
[販売入力画面設定]

ユーザーがERPメニューを簡単設定

  • ECOUNT ERPの多様なメニューと、機能をユーザー別に設定する事が出来ます。
  • 企業全体的には、多くのメニューが必要ですが、ユーザー別には、小数のメニューのみを必要とする場合、ユーザー別にMy Pageを構成する事が可能
[使用メニュー設定]

多様な業種の企業様がECOUNT ERPを使用

  • 世界の多様な業種の企業様がECOUNTを使用されております。
    • 生産
    • 流通
    • 小売
    • サービスなど.