データ一括登録

新しいシステムのデーター移管作業には、不必要な時間が費やされ、一時的な業務活動の妨げとなります。中小企業に限られた資源を効率的に利用する事は、とても重要です。データー移管作業のためには、多量の業務活動を要しますが、ECOUNTは、こういったデーター管理のサポート出来る簡単な方法を提供しております。

制作理由

  • 手記帳簿や既存のデーターに関係なく、システム変更によるデーター移転は、データーの再加工が簡単で標準化されている必要があります。
  • ERPシステムは、初期システムデーターの構築時に大量のデーターを移転される場合、作業 時間を最大限短縮させる機能を提供する必要があります。
  • 一般消費者を対象に商品を販売する流通業の場合、一日の販売件数が多かったり、各店舗で伝達を受けた売上などの伝票が妨げとなって、いちいちERPシステムへ入力する事が出来ないのであれば、これらを容易に反映させる方法が必要です。
ECOUNTのエクセルデーターアップロード機能を利用すれば、既存に使用されていたシステムのデーターやエクセルで管理されていた帳簿をECOUNT ERPに簡単にアップロードする事が出来ます。また、大量の伝票もこの機能を活用すれば、一括的にアップロードする事が出来ます。

効用性

  • ECOUNT ERPとしてのシステム変更時に既存の経営データーをエクセルで保有されているのであれば、簡単にECOUNT ERPへ移管する事が可能です。
  • 入力データーの大部分は、 ERPに直接入力するだけではなく、エクセルデーターを利用し、大量のデーターも一括的にアップロードする事が可能です。
  • また、ECOUNTの全てのデーターは、エクセルで出力する事が出来ます。

重要機能

エクセルデーターアップロード機能

  • ECOUNTが提供するプログラムをエクセルにインストールし、エクセル上でデーターを入力し、アップロードする方法(エクセル2007バージョン以上がインストールされている必要があります。)
  • ウェブ上で別途のログイン作業なく、エクセルでECOUNTログイン後に使用する事が可能です。
  • プログラムインストール後に作業が簡単であり、エラーデーターを即時に確認する事が出来ます。
  • 基礎データー、一般伝票(会計、販売データー)などをアップロードする際、大量のデーターを一度にアップロードする事が出来る利点があります。
[エクセルから品目データーを一括アップロード]

ウェブメニューでデーターアップロード

  • データーアップロードを行う各メニューで、エクセル形式をダウンロードし、作業後ECOUNT ERPへアップロードする方式です。
  • プログラムインストールの必要なし
  • エラーデーターを確認するのが不便であり、1回の作業のデーター量は、300個までと制限されます。
  • 販売や購買データー内容を自由自在に変更し、アップロードする場合に使用する事が出来ます。
[エクセルデーター貼り付け]

エクセルデーターへ変換

  • ECOUNT ERPの全てのデーターをエクセルに一括変換する事が可能です。
  • その時点にお客様が確認されている出力物をそのままエクセルに変換する事が可能です。
[会計伝票バックアップ]