入力データーの追跡

税金と保安目的のために、取引内訳や会計データーの履歴を追跡を行う事は大変重要です。多くの中小企業で使用されるエクセルの場合、各バージョン別に管理する際、どの職員がデーターを変更したのかを追跡する事は、容易ではありません。ECOUNTは、データーセキュリティ対策を実行し、データー字変更履歴の追跡機能を提供しております。

作った理由

  • 経営データーを確認する際に、こういった結果が算出されるまでの過程や細部事項を把握し、該当する結果の原因を分析出来る必要があります。
  • ERP システムは、多数のユーザーがアクセスし入力し照会する事が可能なため、データーの信頼性を高めるためには、履歴と追跡が容易である必要があります。
  • 管理者は、一般ユーザーが、ERPシステムにアクセスし入力データーを修正したり、削除する行為を適切な形態で統制出来る必要があります。
ECOUNT ERPの大部分の出力物は、ハイパーリンクに連携れているため、出力物で入力画面まで一度に照会する事が出来ます。また、ERPに入力された全てのデーターは、その履歴を追跡し統制でき、経営者の保安を強化し信頼性を高める事が出来ます。

効用性

  • ある時点で確認されている出力物の結果が、どのように発生するのかに関する原子データーの追跡が容易です。
  • 会計や在庫で入力された全てのデーターの履歴を確認でき、データーの入力、修正削除などの変更事項を容易に把握する事が可能です。
  • 編集制限日機能を活用し、決算などの完了した経営データを修正したり、削除出来ないように統制する事が出来ます。

重要機能

ハイパーリンク

  • 照会画面で関連した項目を確認される場合、該当するメニューに移動し、条件を付与せずに確認画面で、ハイパーリンクを通じて項目を照会する事が出来ます。
  • ECOUNT ERPの大部分の出力物は、ハイパーリンクで連結されております。
  • ハイパーリンクは、最初の入力伝票まで段階的に連携され、与えられた権限内で、最初の伝票の修正、削除まで可能です。
  • 逆追跡した最初の入力伝票で、 誰がいつ該当するデーターを力したのかを確認する事が可能です。
[出力から入力画面まで逆追跡照会]

伝票履歴照会

  • 会計や在庫で入力し修正、削除した全のデーターの履歴を照会する事が出来る機能です。
  • 伝票の作成日、作成者ID、伝票の内訳や種類、修正し削除した作業日と作業を進行したIDを各伝票ごとに確認する事が可能です。
  • データーの変更や追跡時に有効に使用する事が出来る機能です。
  • 存在する必要がある伝票が誰かが誤って削除した場合にも、履歴が残っているため、再作業する事が容易
[会計伝票履歴照会]

編集制限日

  • ERPに入力したデーターを特定の日付または、特定の時点基準に修正削除出来ないよう、統制する機能です。
  • 特定のに日付を指定したり、条件値を通じて編集制限日を自動的に変更できるように、設定する事が可能です。
  • 制限日以前のデーターに関しては、入力、修正、削除は出来ず、照会のみ行う事が可能です。
  • 権限を持つ IDだけ制限編集日の設定を照会する事が可能です。
  • 決算、申告などを締め切り、それ以上データーを追加したり、修正、削除しない場合に使用すると、便利です。
[編集制限日の設定]