ECOUNT ERP データー保管

ERPデーターのセキュリティは、小企業には困難で、高額の費用を要する場合がほとんどです。ウェブ基盤ERPを選択する際、データー保管のために、 どんな標準政策を実施しているかを確認する必要があります。ECOUNTは、顧客のデーターを安全に保管する事を常に認識しております。そのため、弊社は、 データー損失を最小化するため、保安標準ポリシーを持っております。 ECOUNTの合理的なお手頃な価格が 低水準のセキュリティシステムを意味している訳では、ありません。

制作理由

  • 売上データー、取引先情報、原価、損益などの企業の情報資産の保安は、どんな状況であっても大変重要な情報です。
  • 多くの企業様が経営データーを重要だと認識していますが、個人のパソコンや職員の机の中に保管された経営データーの流出の危険にされされるこが現実です。
企業様の入力データーは、ECOUNTという会社の生存に関連した問題であり、弊社が重点を置いて管理している分野です。そのため、ECONTでは、予想外の事故や強力な保安政策を実施しております。

効用性

  • ECOUNTは、ISO 27001 国際認証取得を通じて、強力なセキュリティ基準で摘要し、お客様情報が含まれた全ての情報資産を安全に保管しております。
  • ERPにユーザーがデーターを入力すると、該当するデーターは、3つのデーターベースに、同時保存され、特定サーバーに問題が発生した場合にも、滞りなくサービスをご利用して頂けます。
  • 入力データーは、全て暗号化されており、送受信されるため、ハッキングなどで万が一データーが流失したとしてもお客様のデーターを容易に解読する事が出来ません。
  • 毎日特定の時間を基準に他の保管媒体にお客様情報をバックアップし、お客様が直接バックアップ出来る機能も提供しております。
  • ユーザーが入力したデーターは、ECOUNTのサーバーへ保管されているため、ECONTに勤務する職員が該当するデーターにアクセスする事が出来ます。よって、 ECOUNTでは、データーに対するアクセス有無を顧客社が直接制限出来るように設定する事が可能です。

重要事項

ISO 27001 国際認証所得

  • ウェブ基盤ERPをサービスするECOUNTで、 一番大切に考えている業務は、顧客業務が全ての情報資産を安全に保護する事です。
  • このため、ECOUNTでは、内部保安システムを強化し、お客様の信頼を高めるために、6カ月間の厳格な審査基準を揃え、2011年12月、ISO 27001 国際認証を取得いたしました。
  • ISO 27001 国際認証は、情報保安分野で国内だけではなく、国際的に公認された標準認証であるため、ソフトウェアを開発、供給するサービスする企業も取得し た企業が限られている強力な保安基準を適用する制度です。
  • ECOUNTは、上記認証取得を通じて強力な情報経営システム(Information Security Management System, ISMS)を確立しお客様の大切な情報資産を管理するために努力を傾けております。
ISO 27001 認証

データーの二重化保存

  • ECOUNTに入力したデーターは、3個のデーターベースに同時保存されます。
  • これは、サーバーが問題を起こした場合、他の二重化されたデーターとサーバーで、短時間内にサービス再開が可能であるためです。
  • ECOUNT ERPに入力されたデーターは、バージョン管理のため毎日特定の時間を基準に保管先に保存されるため、一定期間保管されます。
[ERPで提供するバックアップ機能]

ECOUNT職員に対するセュリティ政策

  • 全ての職員は、ECOUNTの事務所内でのみ、お客様のデーターにアクセスする事ができ、これは、特定のIPでのみアクセス出来るようにする機能を使用しております。
  • 顧客様がご希望される場合には、ERPで提供する設定機能を通じて、ECOUNTの職員が企業様のデーターへのアクセスを統制する機能を提供しております。
  • ERPの機能を通じたアクセスではなく、顧客DBにアクセスする方法でアクセスする事が出来る職員(システム点検、アップグレード、エラー修正などの活動をするためのDB自 体にアクセス権限を持った開発チームの権限者)の場合、必要に応じてアクセス履歴を残し、定期的に内外部から 監査を受けております。
[サポートセンターアクセス設定機能]