取引明細書ソフトウェア

売上が発生する際、様々な部署が新しい記録を適切に処理出来るよう、データーを神速かつ正確にアップデートさせる必要があります。 中小企業は、ECOUNTの統合的な営業管理機能を使用し、販売伝票を便利で効率的に管理する事が出来ます。ユーザーが新しい販売データーを入力すると、自動的に他の部署と出力物に反映されます。

制作理由

  • 販売帳簿の記録と取引明細書の出力をそれぞれ入力し、管理する事は、不必要な業務を増大させ、データーの不一致問題を発生させます。
  • 販売を処理し、取引明細書を発行する業務は、在庫や資金と直結する業務であるため、在庫の減少と債権の増加を同時に行う必要があります。
  • 取引明細書は、納品先の規模や傾向、必要情報に応じて、その形態や内容を適用出来る必要があるため、こういった要求事項に徹底的に対応出来る必要があります。
ECOUNT ERPでは、取引先に販売(出庫)入力を同時に取引明細書を即時に出力する事ができ、同時に在庫の減少と債権の増加が自動的に行われます。出力された取引明細書は、企業様に合わせて、希望される形態に変更する事ができ、Eメールやウェブファック機能を利用し、取引先に発信する事が出来ます。

効用性

  • 取引明細書が発行される場合、在庫で販売数量が自動的に減少し取引先の債権金額が 自動的に増加します。
  • 引取明細賞のフィールドをクリックし増やしたり、項目を追加削除、変更するなど書式を希望される形態に設定する事ができ、エクセルなどで別途の取引明細書書式を作成し、出力する必要がありません。
  • 品物を販売するためにERPに入力した該当する取引先から、まだ受け取っていない未収金を把握する事ができ、取引先に伝達する情報(未収金、入金口座など)を取引明細書の下段に共に表記させ出力する事が出来ます。
  • 取引明細書、Eメール発信、ウェブファックス発信、オンライン取引共有システム仕様など取引明細書を取引先に簡単で神速に伝達する事が出来ます。
  • バーコードアプリ 上で販売入力をすると同時に生成した取引明細書を取引先担当者へその場でEメール送信する事が可能

重要機能

販売入力と関連した便利な機能

  • 販売入力後に即時に取引明細書を出力
  • 入力された内容は、在庫現況、在庫受払、取引先別債権などの出力物に自動反映
  • 販売入力時、取引先を支持すると、未収金や取引先基本情報を自動的に読み込む機能
[取引明細書]

企業様に合わせて希望される取引明細書を出力

  • 取引明細書上段の供給者、被供給者書式設定
  • 品目情報フィールドの追加、削除やサイズと順序を変更可能
  • 取引明細書下段の未収金、入金口座など追加項目設定機能
[取引明細書書式設定]

取引明細書伝達機能

  • ERPで取引先へメール発信が可能
  • 取引明細書印刷後ファックスを発信せず、ウェブファック機能を活用しERPで直接発信
  • 取引明細書発信時、商品/製品のイメージや図面などのファイルも共に添付し発信する機能
  • オンライン共有システムを使用すれば、取引明細書を出力せずとも、取引先で直接取引内訳を即時に確認する事が可能
  • バーコードアプリを通じて生成された取引明細書を取引先の担当者へEメール送信する事が可能
[取引明細書メール発信]