安全在庫管理ソフトウェア

在庫を管理し、適切な水準の在庫を維持する事は、企業のスムーズな運営のために必須要素となります。企業様は、将来サプライチェーンに、 問題が発生する可能性が生じる事を予測出来る必要があります。安全在庫を設定する場合、こういった可能性を予防する事が出来ます。 ECOUNTは、予測不可能な問題に対して適切な在庫数量の維持が可能な安全在庫管理機能を提供しております。

制作理由

  • 各品目の適切保有在庫を設定し、持続的にチェックする事は、スムーズな生産進行と販売のために重要な業務です。
  • 注文や時点に対象品目に対した在庫把握が正確に行われない場合、計画に内購買が発生したり、納期日が遅延されるといった問題が発生し、通常より高い金額で購買したり、販売取引先との信頼を失う事になります。
  • 店舗別に人気商品と一般商品があるように、各店舗で品目別に維持させる適切在庫数量の要求される場合があります。ECOUNTでは、品目別店舗別に別途の安全在庫数量を設定し、管理出来る必要があります。
ECOUNT ERPでは、在庫残量が不足する場合、注文の受付が出来ないように設定したり、出庫出来ないように設定する事が可能なため、数量限度チェックを通じた非正常的な注文受付や出庫を事前に防止する事が出来ます。

効用性

  • 各品品目別に維持する安全在庫数量を設定し、在庫現況で不足数量を簡単に確認する事が出来ます。
  • 注文や販売入力時、在庫数量が安全在庫以下に落ちる場合、警告メッセージが表示されるため、品目別にいちいち安全在庫数量を記憶する必要なく、 注文や販売時点の品目の安全在庫を確認し、取引持続の有無を決定する事が出来ます。
  • 設定機能を通じて安全在庫以下に出庫される際、注文受付や販売自体を進行させられないように設定する事ができ、納期日の遅延などの問題を根本的に遮断する事が出来ます。
  • 倉庫(店舗)別に異なる安全在庫数量を適用する事が出来ます。

重要機能

各品目別安全在庫設定

  • 在庫現況で安全在庫以下に低下した場合の在庫数量は、赤色で表示
  • 別途で安全在庫数量を入力しない品目の安全在庫数量は、0に設定される
  • 倉庫(店舗)別に安全在庫数量設定が可能
  • 安全在庫管理対象に適用させるか否かを選択する機能
[品目別倉庫(店舗)別安全在庫数量設定]

安全在庫以下に出庫時お知らせ方法の設定や付属処置

  • 安全在庫数量以下で出庫時、警告メッセージの表示
  • 安全在庫数量以下で出庫時、注文受付や販売は不可能
  • 警告確認後取引有無を決定
  • 安全在庫数量を確認後注文や出庫取消
  • 警告メッセージで該当する品目の安全在庫数量や過不足数量の確認が可能
[数量限度超過による出庫不可能]