営業単価管理

製品の単価は、取引先や地域に様々な営業を与える事があるため、管理が意外と複雑な事があります。ECOUNT ERPの段階管理機能は、中小企業が単価変動、単価グループなを効果的に管理し、単価変動を評価できる機能を提供しております。会計と営業メニューが連動され、データーのアップロードが簡単で販売取引処理を容易に行う事が出来ます。

制作理由

  • 取引単価は、取引先との計画関係、信頼、取引の頻度や周辺の相場、環境的な要因によってよく変動する事があります。
  • 品目別に過去の購買、販売履歴と単価変動推移をよく分析し、取引先別適用単価を効率的に管理する事は、低コストで購入し高コストで販売するために重要な管理ポイントとなります。
  • 販売促進と営業実績の効率を高めるため、同一商品だとしても店舗別に他の単価適用し販売したり、特定の単価で販売し、主取引先には、一定の割合を適用するなどの業務が必要であり、こういった取引先別品目別単価の設定と、調整管理が円滑に行われる必要があります。
ECOUNT ERPでは、取引先別または、品目別に単価の出庫データーを別途に作成しなくとも、ERPで様々な方法を通じて、簡単に販売、購買単価を適用し使用する事が出来ます。

効用性

  • ひとつの品目の品目に適用させる単価の類型が多様である場合は、基本出庫単価以外に最大10個の類型を追加で設定し、販売時点に登録した単価を選択し適用する事が出来ます。 特定の取引先や店舗(倉庫)に特定の品目が入出庫される際に、先に設定しておいた特別単価を優先的に適用させ販売と購買処理を行う事が出来ます。
  • 出庫単価がよく変動する場合は、企業の場合最終単価機能を利用すると、基本出庫単価を毎回変更したり、以前の単価を記憶する必要な く取引先別品目別直前の取引単価を販売時点に自動的に読み込み、適用させる事が出来ます。
  • 各取引先別に各自別々の割引率を設定し、販売単価に適用したり、販売入力時点に直接、割引率を調整する事ができ、先に登録された特定単価に変更する事も可能です。
  • 販売入力時、品目別に過去の販売単価や購買単価履歴を簡単に照会する事ができ、出庫単価を判断するのに容易です。

重要機能

多様な単価設定

  • 基本出庫単価以外に追加して、 A~Jまで最大10個の単価を追加設定が可能.
  • 販売入力時、先に登録しておいた単価を読み込み、選択適用する機能
  • 例えば、販売商品‘健康補助食品’の基本販売単価が5,000円に設定されていると仮定して、代理店の販売価が3,500円、デパートの販売価が5,500円、 インターネットショッピングモールの価格が 4,000円などに設定する事が可能
[ABC単価設定]

特別単価

  • 特定の取引先や倉庫(店舗)に、特定の品目が入出庫される際に特別単価を適用
  • 各取引先別に異なる在庫品目の単価を設定する事が可能
  • 似た類型の品目をグループに束ねて、一度に特別単価を適用する事が可能
  • エクセル で整理した単価データーを一括的に、ECOUNT ERPにアップグレードし適用する機能
  • 定期セール、在庫処分セールなどの行事機関の特定品目別に調整率(%, 金額など)を適用し、便利な単価管理が可能
  • 登録した期間は、販売入力などの入力画面で、該当する取引先を入力し、該当する品目を入力すると、決められた特定の単価を自動呼出す
[品目グループ別単価登録]

最終単価

  • 同じ取引先で同一の品目を再び販売、購買する際に、以前の単価を自動的に適用する機能(最終単価適用有無設定可能)
  • 品目の入出庫単価が頻繁に変化する場合に、使用すると便利な機能
[最終単価使用有無設定]

取引先別割引適用

  • 各取引先別に、出庫や入庫に対する割引率を設定する機能
  • 例えば、㈱カウントという取引先へ15%の割引率を設定しておくと、㈱カウントに販売入力時、10,000円の販売品目を読み込むと、単価が自動的に8,500円で設定される
[取引先別調整率設定]

取引入力時点に希望される特定単価や割引率を適用

  • 取引先別単価、特別単価、最終単価などを設定しても、取引を入力する時点に他の単価を適用する事が出来る機能
  • 特別割引やセール期間などの理由で、ある特定時点に割引を適用する場合、入力画面ですぐに割引率の設定が可能
[入力画面で調整率設定し適用]

最近の取引内訳照会

  • 販売や購買を行う品目の最近の取引履歴を取引入力時点に、すぐに照会する機能
  • 日付別購買単価と出庫単価の変動推移を確認するのに容易
[品目の過去取引履歴や入出庫単価を照会]