未収金管理ソフトウェア

企業は、取引先へ請求書を正確に発行し、決められた時点に回収するため債権を効果的に管理する必要があります。しかし、これらを管理する的確な組織と責任者なしには大変難しい事です。会計や営業部署と有機的な連携がされたECOUNT ERPの債権管理機能を利用すれば、中小企業は効率的な管理を行う事が出来ます。

政策理由

  • 売上が持続的に増加しても、債権を適時に回収出来ないのであれば、スムーズに資金循環がされないため、必要な資金調達が難しくなります。 効率的な債権管理のためには、債権金額の持続的なモニタリングと管理が要求されます。
  • 売上、集金、未収金、請求書、未発行額などの欠落なく記録し、営業担当者別取引先別に一目で管理する事が重要な管理ポイントです。
  • 販売による在庫の出庫と資金処理は、担当者が異なるため、一つのデーターに反復業務が発生し、これらは、データー重複や欠落、不整合などの問題につながります。
ECOUNT ERPでは、取引先別、担当者別に回収金額を確認する事ができ、販売による売り上げ内訳を会計と簡単に連動する事が出来るため、営業部と経理部書間のデーターの不整合問題を根本的に遮断する事が出来ます。

効用性

  • 販売と共に発生した売上金額や債権を取引先別、担当者別に簡単に集計し、照会する事が出来ます。
  • エクセルで管理するように別々に入力し管理する必要なく、販売と集金時点に一度に入力すれば売上、集金、未収金などの取引先別自動計算がされます。
  • 取引先管理台帳をEメール発信機能を通じて、取引先へ即時に伝達する事が出来ます。
  • 在庫で入力した販売データーを会計へ反映する事ができ、部署間のデーターの欠落や不一致などの問題を事前に防止する事が出来ます。

重要機能

債権管理に必要な効率的な機能を提供

  • 各取引先別、営業担当別の総売り上げ、集金、未収金などの管理
  • 販売の入力と入力による取引先別の債権金額が自動計算
  • 販売入力後、件別請求書発行を処理したり、複数件の取引明細書を1枚の請求書で発行し、即時に反映させる機能
  • 未収債権が今後集金される時点を推定し、資金計画を確立する機能
[販売/集金/債権日報]

債権と関連した様々な報告書を照会

  • 取引先別にある期間の間の販売内訳、集金内訳、未収金内訳などを簡単に照会
  • 各営業担当者別に管理する取引先の未収金を確認する事が可能
  • 特定の取引先の詳しい日別品目の販売内訳と集金内訳、未収金現況を一目瞭然に確認できるように取引管理台帳を提供
  • 会計/経理部署で取引先別債権管理のための多様な帳簿や報告書を提供
[担当者別取引先別債権現況]