購買入出力書式設定

企業の成長や規模の拡大、周辺環境と時代の変化、経営者のスタイルに応じて、企業の環境は絶え間なく変化します。つまり、業務環境が変わり、ERPシステムの運営方式にも変化が必要な場合、開発時間が長期化し負担となります。 ECOUNT ERPでは、様々な設定方式を通じて、入力画面や照会画面、各種の報告書を企業が希望される通りに設定する事が出来るため、何度も重複作業をしなくとも、簡単に入力するだけで必要な情報を即時に確認する事が出来ます。

制作理由

  • 企業の成長や規模の増加、周辺環境と時代の変化、傾斜のスタイルに応じて、企業の環境は絶え間なく変化します。
  • 経営環境の変化は、経営者や担当者の業務にも変化が要求され、内部管理システムは、こういった要求事項へすぐに対応する必要があり、変化が出来るシステムである必要があります。
  • 業務環境が変わり、ERPシステムの運営方式にも変化が必要な場合、開発時間と追加費用が過剰に費やされるのであれば大きな負担となります。
ECOUNT ERPでは、様々な設定方式を通じて、入力画面や照会画面、各種の報告書を企業様が、希望される通りに、Self-Customizingする事ができ、何度も重複作業する必要もなく、簡単な入力だけで必要な情報をすぐに確認する事が出来ます。

効用性

  • 業務(環境)が変わり、ERPシステムの管理方式にも変化が必要な際、その他の構築型ERPのように開発時間や追加費用は発生いたしません。
  • 書式設定 機能を活用し、各企業様に合った使用環境を作る事ができ、エクセルなどの追加作業を必要としません。
  • 入力画面で希望される項目を追加したり、不要な項目を取り除く事ができ、必要な情報を簡単に入力する事が出来ます。
  • 入力後、出力される様式用紙と入力データーを照会する各種の報告書や出力物を最大50個まで設定し、担当者別役職別に希望される情報を即時に確認する事が出来ます。

重要機能

帳簿 / 報告書を希望される形態で設定 – 購買現況など

  • 入力したデーターを照会する各種の現況、統計、報告書や出力物は、全て希望される形態の書式へ変更する事が可能
  • 例えば、購買現況出力時照会される項目を追加したり、取り除き照会する事が可能
  • 数百個余りのの項目は、ECOUNTで提供する基本項目だけではなく、ユーザーが直接作った項目を読み込む事が可能
  • 横目リストで希望される項目がない場合は、[使用者指定]項目を通じて、使用者が希望される計算式を直接作って使用する事が可能
[購買現況様式設定]

出力書式を希望する形態で設定 – 発注書など

  • 発注書などのプリンターで印刷される出力物の場合にも、同様に書式変更が可能
  • 発注書上段の会社のロゴを挿入したり、上段に表示される[供給者情報], [被供給者情報]の枠を希望される形態に設定可能
  • 発注書に表記される項目を全て希望される形態へ設定可能
[発注書書式設定]

入力画面を希望される形態へ設定 – 購買入力など

  • 発注要請 / 発注計画 / 発注書 / 購買入力で取引した件に対する入力項目を追加したり、取り除く事が可能
  • 追加した項目の取引先の基本情報を自動的に読み込む事が出来るよう指定する機能
  • 購買入力の場合取引先の見支給金の前残/後残を自動計算し表示する機能
  • 例えば、各企業様業務の特性上発注書を入力する際、原産地や包装作業が記載される必要がある場合、追加で[原産地]項目と[包装時追加作業]という項目で新しく入力フィールドを生成し、入力する事が可能、その後、検索画面で[原産地]項目の‘ブラジル’などと入力し簡単に検索
  • 購買件に対する項目追加だけではなく、各品目に対する詳細項目も追加したり、削除する事が可能
[購買入力画面書式設定]