発注計画ソフトウェア

商品や製品の出庫予定数量や生産に必要な原材料/副材料の数量を摘示し、把握出来ないのであれば、生産日程を計算したり、納期日の遅延などの問題が発生します。 倉庫で循環出来ない在庫が長期間保管される場合、在庫の維持費用が増加し、売上の純利益を上げる事は難しくなります。ECOUNT ERPでは、発注計画機能を活用し、 販売や生産に必要な購買数量を適切に決定し、これらを通じて発注書作成業務を簡単に行う事ができ、購買(発注)担当の業務が効率化されます。

作成理由

  • 商品や製品の出庫予定数量や生産に必要な原材料/副材料の数量を即時に把握出来ない場合、生産日程を算出出来ない、納期日の遅延などの問題が発生します。
  • 倉庫で循環出来ない在庫が長い間保管される場合、在庫の維持費用が増加し売上が増加したとしても大きな利益を得る事は難しいです。
  • 購買から発注業務を行う場合、倉庫の現在庫数量や営業や生産部署で必要とする数量などを様々な側面から考慮し、購買数量を決定する事は大変重要な事です。
ECOUNT ERPでは、発注計画機能を活用し、販売や生産に必要な在庫数量を適切に決定し、これらを通じて、発注書作成業務を簡単に行う事が可能であり、 購買(発注) 担当者の業務 が効率的になります。

効用性

  • 商品や原資材をどんな取引先から、どれだけ購買すれば適切なのかを判断し、決定する業務をサポートします。
  • 注文書、作業指示書、BOM, 発注要請書の内容と連携し、発注計画を立てる事ができ、購買対象の算定が容易です。
  • 現在の保有在庫や安全在庫、最小購買単位など、いくつもの要素を考慮し、最適の購買数量を決定する事ができ、在庫の保有費用を画期的に減少させる事が出来ます。
  • 別途の発注書を作成する必要なく、発注計画のために決定された内容を発注書へ自動適用させる事が出来ます。

重要機能

様々な状況を考慮し、購買数量を最適化

  • 必要数量: 取引先で注文した納品数量や、製品生産時に必要なBOM基準の原材料/副材料の数量
  • 現在保有在庫: 現在保有している在庫数量
  • 安全在庫数量 : 企業様が基本的に常時維持している最小数量
  • 最小購買単位: 該当する在庫品目を1回の購買する際に、いくつ以上の単位で購買する最小数量
  • 未入庫数量: すでに購買発注済みではあるが、まだ入庫していない在庫数量
  • 未販売数量: 注文を受けて出庫待機中の在庫数量
[様々な条件による発注数量自動変更]

購買管理の流れの標準化

  • 品目、取引先別最小注文数量を確認
  • 発注計画による発注書の即時生成が可能
  • 作業指示書、BOMまたは、購買要請と連携し発注計画を生成する事が可能
[発注計画による取引先別発注書生成]

製造業で製品生産に投入される原資材の発注計画を適用

  • 生産作業指示書を登録すると、内容を発注計画へ呼び出す機能
  • Aという製品1個を作るために原材料aが3個, bが 2kg, cが 5 liter 所要されると、BOMに登録されている場合、Aを500個作るのに作業指示書の内容を発注計画へ読み込む
  • 上記の説明を検討され、最適の原資材購買数量を自動計算
[BOMを適用し発注計画書を作成]

流動や販売業の場合

  • 営業部署で注文書に入力した内容を自動的に発注計画へ適用可能
  • 計画された内容を適用し、そのまま発注書を作成
[発注書を適用し発注計画書を作成]