購買管理ソフトウェア

購買業務は、流れによる管理とデーターの相互連携が必要であり、営業、生産、在庫などの業務と有機的に連動する事が重要です。 ECOUNT ERPでは、購買業務に必要な発注要請、発注計画、発注書作成や購買(入庫)の全ての段階を進行し、管理する事が可能です。また、購買にあたって発生した発注要請や発注業務を内部決裁の承認を得た後に、遂行する事が出来るため、支出に対した統制も容易です。

制作理由

  • 購買業務は、在庫の入庫管理だけではなく、購買にあたって行われる発注などの業務と購買移行の資金業務が同時管理される必要があります。
  • 購買と関連下業務は、流れによる管理とデーターの相互連携が必要であり、営業、生産、在庫などの業務と有機的に連動する事が重要です。
  • 購買は支出と直接的に連携下問題であるため、発注書発信などの業務は内部で、事前承認を得た後に行われる必要がありあます。
ECOUNT ERPでは、購買業務に必要な発注要請、発注計画、発注書作成や購買(入庫)の全ての段階を進行し、管理する事が出来ます。また、購買にあたって発生する発注要請や発注業務を内部決裁の承認を得た後に遂行出来るため、支出に対した事前の通知が容易です。

効用性

  • 購買業務に必要な発注要請、発注計画、発注書, 購買(入庫)処理と購買に応じた業務まで、全ての機能を使用する事が出来ます。
  • 機能は、互いに連動し流れ別に進行させる事ができ、必要な機能だけを簡単に使用する事が出来ます。
  • 購買と関連下機能は、営業, 生産, 在庫 と関連する内容と有機的に連携され在庫を統合管理す事が容易です。
  • 購買関連は、入力画面から照会画面、出力物まで各企業様の希望される各項目と形態を直接設定し、使用出来るため、業務への適用をスムーズに行う事が可能です。
  • 発注要請書、発注書は、グループウェア 電子決裁と連動する事ができ、 内部の決裁ラインを通じて、承認完了された文書のみをERPに反映し、業務を行う事が出来ます。

重要機能

発注要請

  • 各部署の購買に対した発注要請を基盤に発注計画機能と連動
  • 注文書, 作業指示書などと連携され要請が行われるため、購買(発注)担当者と各部署間の効率的に進行
  • グループウェアの電子決裁と連動し、内部承認が完了した文書のみをERPへ反映する事が可能
[発注要請書]

発注計画

  • 取引先へ注文を受ける内訳から最適の購買数量を算出する機能
  • 生産部署で製造する製造の原資材の購買数量を最小計算し、算出する機能
  • 在庫と関連する複数の要素を考慮し最小の購買数量を決定
[発注計画]

発注書

  • 取引先で注文を受けた内訳を読み込んだり、発注計画で作成した現資材数量を読み込み、自動的に発注書を作成する事が可能
  • 発注書の書式は、希望される通りに、最大 50まで設定可能
  • 作成完了した発注書は、ERPで即時に購買先へEメール発信が可能
  • グループウェアの電子決裁を使用し、内部決裁が完了後、外部発信が可能
  • 発注書機能を使用しない場合、機能自体を取り除き、簡単に ERPを使用する事が可能
[発注書出力]

输入采购(入库)

  • 入力だけで商品や原材料などの入庫数量が在庫に増加
  • 発注書へ入力した内容を自動的に読み込み、入力出来る機能
  • まだ入庫されていない未入庫数量の管理
  • 購買担当者別購買実績を含め、様々な購買現況と集計を照会
  • 出力物は、企業様に合わせて希望される通りに設定し、照会する事が可能
[未入庫現況]

請求書受領(会計反映)

  • 買購管理メニューで品目を購買した後、すぐに請求書受領処理出来る機能
  • 複数件の購買伝票を1枚の請求書として受領処理する事が可能であり、この時、割引などの金額調整が可能
  • 買購移行の請求書未受領現況を把握
  • 担当者/取引先別 未払金現況 の把握
  • 会計と連動し管理する場合、業務時間が短縮され効率性が高まる
[購買伝票一括会計反映]