作業指示書ソフトウェア

ECOUNTが提供する生産管理機能(作業指示書)は、ユーザーが作業内訳を簡単に入力出来るようにし生産管理者と作業指示事項を効果的に管理出来る様々な報告書をて提供しております。作業指示書管理は、全体的な生産と生産の流れの過程を理解するための必須要素です。

制作理由

  • 生産活動の能力を高め、スムーズな工程別の生産を行うためには、生産する製品の種類と数量、生産時期を適切に判断する必要があります。
  • ひとつの生産指示権に対して、生産進行過程を一目で確認し、生産所要期間や実際に使用された原材料/副材料の数量を把握する事は、大変重要な管理ポイントです。
  • ERPなどの生産管理システムは、作業内容を簡単に入力でき、関連担当者へ生産管理に必要な多様な報告書を即時に提供出来る必要があります。
ECOUNT ERPでは、作業指示書に最終製品だけではなく、簡単に入力すれば、BOMに応じて自動的に工程別管理を行う事が可能です。そのため、いちいち生産量と消耗量を入力せずとも、作業指示書別進行現況を通じて、生産進行の流れを一目で確認する事が出来ます。

効用性

  • 作業指示書を作成し、これを基準に全体生産過程を効率的に管理する事が出来ます。
  • 作業指示書の最終製品だけを入力すれば、BOMを基準に生産、消耗数量が自動計算され生産処理や在庫受払管理を簡単に行う事が出来ます。
  • 生産進行の流れを一目で把握出来る様々な報告書を提供しております。
  • 営業部署で入力した注文/受注内訳と連携し注文生産管理が簡単です。

重要機能

簡単に入力し生産工程を容易に管理

  • 作業指示書の最終製品だけを入力すれば、BOMを基準で生産工程に応じて自動的に、工程別管理が出来るように設定可能
  • 作業指示書を基準に原材料の払出や製品の入庫入力が可能
    • 生産払出入力時、作業指示書を読み込み、受取工場に必要な原材料/副材料を自動的に払出する機能
    • 生産入庫入力時、作業指示書を読み込み、作業工場で生産された生産品と消耗品を自動計算する機能
  • 注文/受払内訳を作業指示書に読み込み、生産指示を行う機能
  • 一部半製品を生産するために、特定の工程別に作業指示書を入力し、生産進行が可能
[作業指示書伝票]

生産進行の流れを一目で把握できる様々な報告書を提供

  • 日別、品目別、工程別生産進行現況
  • 原材料、半製品、製品の払出と生産に応じた各種在庫の受払内訳
  • 標準原材料使用料に対する実際の使用料との比較
[作業指示書別生産進行現況]