利益管理ソフトウェア

利益管理は、原価計算、利益/損失追跡費用や費用配分などを段階的に行う方法さえあれば、はるかに容易に作業する事が出来ます。ECOUNTは、中小企業が利益の幅を管理する際に、直面する問題を解決できる機能を提供しております。

制作理由

  • 商品や製品の販売に応じた利益の算出は、それを実践するために投入され、消耗する全ての要素を考慮し、進行する必要があります。
  • 各品目の利益を簡単に把握するためには、正確な原価計算が先に必要であり、この原価内訳は、販売データーとの連動がスムーズでなければなりません。
  • 利益と関連した多様な形態の報告書は、企業様全般の合理的な経営判断を行うために、大きく役立てる事が出来ます。
ECOUNT ERPでは、算出された原価内訳を通じて、品目別取引先別に利益と利益率を確認でき、経営者が最適の意思決定を出来るように、様々な報告書を提供しております。

効用性

  • 算出された原価原価 内訳と販売内訳を自動計算するため、利益率を簡単に照会する事が出来ます。
  • 利益と関連した報告書は、品目別、取引先別などの多様な条件を活用して、確認する事が出来ます。
  • 在庫と関連した利益だけでなく、企業様の全般に亘る利益も正確に把握できるよう、様々な報告書を提供しております。

重要機能

流通業の場合、先入先出法を根拠に日別利益照会

  • 毎日、利益を先入先出法による原価を基準に照会する機能
  • 日別利益を品目別取引先別に照会が可能
[取引先別品目別利益現況]

製造業の場合、企業で定められている原価計算法を基準で月別利益を照会

  • 生産工程が複雑な場合にも、各工程別に実際の原価計算が可能
  • 各品目別工程別に実際原価を把握
  • 製品の品目別原価材料費だけではなく、外注加工費、労務費、製造経費も自動配分
[品目別取引先別利益現況]

企業全般の利益管理

  • 在庫と関連された利益だけではなく経営に必要な全般的な利益も照会が可能
  • これらと関連した損益計算書、月別損益分析、月別原価分析など様々な報告書を提供
  • この報告書を再び細部的に部署別/プロジェクト別を損益、前期の同一期間との比較なユーザーが希望される通りの形態で照会が可能
[月別損益分析]