ロット管理ソフトウェア

管理項目機能は、中小企業が品目と生産管理を行うために進行させる様々な行政業務を、より簡単に実行出来るようにサポートします。ユーザーは管理項目を使用し、生産日、 ロット番号、数量、生産形態、有効期間、日別販売内訳など、様々な条件で管理する事が出来ます。また特別な過程や場所に特定せず、品目の詳細内訳を簡単に確認する事ができ、 選択した項目を利用し、報告書作成も行う事が可能です。

作った理由

  • 生産ライン別製品表示、在庫の履歴や不具合追跡などを管理するためには、同一品目であったとしても購買や生産過程で発生した情報を確認出来る別途の管理単位が必要となります。
  • 一定数量単位であるロットを基準に生産受払を管理すると、生産設備の効率、工程間の作業速度、生産実績の判断や評価をスムーズに行う事が可能です。
  • 製品の製造日、賞味期限などを特定の品目単位別に管理すると、その後、どんな在庫を先に出庫しなければならないのかを判断する際に大きく役立ちます。
ECOUNT ERPでは、同一品目に対してロット番号、製造日、賞味期限など、管理させる目的に合わせて、管理項目を直接登録し、品目の受払をより細部的な単位を基準に管理する事が出来ます。

効用性

  • 在庫受払は、基本的に品目基準で管理する事ができますが、下位段階の概念である管理項目を設定し、同一品目の受払を細部的な基準に分けて管理する事が出来ます。
  • 販売、購買、生産などの受払と関連した全ての事柄を管理項目別に入力し、照会する事が出来ます。
  • 管理項目別に在庫品目の受払管理が自動的に行われ、これと関連した様々な報告書を照会する事が出来ます。

重要機能

管理項目の設定

  • 管理項目の使用有無を選択し管理目的に合った名称を付与する機能
  • 企業様が管理する在庫の受払単位を適用させ、使用(ロット番号、賞味期限、製造日など)
  • 管理項目は、エクセルで一括アップロード が可能
[管理項目登録]

管理項目の適用

  • 在庫の受払と関連した全ての機能で、管理項目別に入力する事が可能
  • 該当する在庫の位置情報を通じたロット別受払管理が可能
  • ロット管理を応用し、製造日や賞味期限などを基準にした在庫管理が可能
  • 品目一つ一つに固有の番号を付与する場合、シリアル管理機能を活用
[管理項目別販売集計表]

管理項目の照会

  • 在庫と関連した全ての出力物で、管理項目別品目の受払照会が可能
  • 別途の管理項目別在庫現況を提供
[管理項目別在庫現況]