原価管理ソフトウェア

原価管理は、企業の全般的な収益を保証するために必要な要素です。多様で複雑な生産過程が結びついている関係で、小企業が総額を計算し管理する作業は、 容易ではありません。ECOUNT ERPは、減価計算および関連業務をスムーズに行える簡単なソリューションを提供しております。

制作理由

  • 製造原価を最小に抑えるためには、原材料/副材料の購買から生産過程および最終製品の完成までの費用が、いくら消費されてかを正確に把握する必要があります。
  • 在庫と関連した原価計算を神速で正確に行わないのであれば、経営活動を合理的に判断し原価節減に役立てる事が出来ます。
  • 減価は、購買による原材料費と生産過程で発生する労務費費および経費など、いくつかの要素を考慮し算出するため、複雑で難しい作業です。そのため、こういった業務を簡単に管理出来る方法が必要です。
ECOUNT ERPの原価管理は、多くの中小企業で簡単に使用出来るように構成されているため、在庫受払内訳が原価に自動反映され、正確な品目別の原価内訳を算出する事が出来ます。

効用性

  • 生産投入された原材料の数量、単価が、製品や半製品の原価に自動集計され計算されます。
  • 労務費と経費で配分し、品目の加重値を付与する事ができ、外注加工費や輸入付帯費用 などが原価に自動反映されます。
  • 原価集計などの多様な出力物を通じて、原価計算内訳を一目で把握する事が出来ます。
  • 標準原価基準に、実際に発生した原価と比較し、生産実績を評価する事が出来ます。

重要機能

原価計算方法を選択

  • 商品の場合先入先出法に基づき、毎日原価を計算する事が可能
  • 製品は、総平均法、先入先出法、最終仕入原価法の原価計算方法を選択し、月別に実際の原価を計算
  • 原材料/副材料の消耗量基準を登録されたBOMを基準に行うか、消耗された数量を基準に行うのかを選択する事が可能
[原価計算方法登録]

生産に投入された原材料/副材料の単価を原価に自動反映

  • 原材料/副材料の購買が行われると、原材料/副材料の購買原価の合算が製品の基本原価へ自動反映される機能
[原価生成]

原材料費を除いた各種の付帯費用を原価反映

  • 原材料費以外の労務費と経費が 投入され、実際に投入された金額通りに、工程別に区分し配分する事が可能
  • 配分時、それぞれ個別の加重値を付与する事ができ、加重値基準は社内の特性に応じて、各自決定する事が可能
  • 製品が外注工場で加工され入庫されたら、外注加工費単価を別途に配分する機能
  • 外注加工費の反映基準を品目に登録された外注費を基準に反映させたり、実際に発生した外注費を基準に選択し反映する事が可能
  • 輸入原材料購買による輸入費用も原価に反映させる事が可能
  • このように配分された労務費、経費、外注加工費、輸入付帯費用は、工程別の減価を計算する際に自動的にて適用される
[工程別労務費/経費登録]

事前原価概念の標準原価を登録し生産実績を評価

  • BOM など品目基本情報を標準原価を生成する機能
  • 生産が行われた後、算出された原価と標準原価を比較
[標準原価と実際原価を比較]

原価と関連した多様な出力物を提供

  • 特定の製品や半製品に対する原価計算内訳を細部的に照会
  • 該当する品目を生産するために投入された全ての原材料リストと原価を表示
  • 経費、労務費などの付帯費用を工程別に照会する事が可能
  • 計算された原価を基に正確な品目別取引先別の利益 を把握
[原価集計表]