BOMソフトウェア

BOMは、生産管理の開始時点から使用されています。生産に必要な資材を予測するために、標準化した測定が必要です。ECOUNTでは、こういった生産管理機能をユーザーへ提供し、各生産過程ごとに必要な資材を予測し、生産の流れを管理出来るようにサポートさせて頂きます。

作った理由

  • BOMは、製品生産に必要な原材料/副材料の構成段階として、生産管理のスタートとも言えます。
  • 各工程別に生産が必要な資材を予測し、製品や半製品の生産数量と、それに応じて消耗された原材料/副材料の数量の把握など、こういった一連の流れを有機的に管理するためには、BOMを基準とした生産管理が必須的です。
  • BOMを活用すれば、生産に必要な原材料/副材料の数量を事前に予測し、購買計画を確立すると同時に、生産スケジュールも容易に管理が可能で、BOMで工程別の生産数量と消耗数量の統計基準により、これらに応じた原価と不具合などを正確に把握するために便利です。
ECOUNT ERPでは、製品に応じた過程を各段階別に構成し、半製品や原材料の投入を設定すると、生産処理時、在庫数量が自動的に反映され、工程別生産品目の実績集計と、資材受払を正確に把握する事が出来ます。

効用性

  • BOMを通じて、製品生産の各工程別に所要される原材料/副材料の数量(EA, kg, ℓ, cc など)を構成する事ができ、このリストを各工程別に展開し、構造的な形態を一目で確認する事が出来ます。
  • 製品生産時に生産や消耗数量をいちいち入力する必要なく、BOMに応じて原材料や半製品の在庫数量が自動的に管理されます。
  • 生産のために投入された原材料/副材料リストと、必要な数量を計算し現在保有している原材料/副材料の在庫数量、購買先、購買期間などを比較する事が可能であり、事前に生産可能な時期を把握し、在庫の追加購買有無を決定する事が出来ます。
  • BOMに登録された原材料受払とは違い、不具合の要因として一時的に追加投入される場合、 BOM標準投入量を比較し、その差を確認する事が出来ます。
  • 登録されたBOMは、その他の機能と連携され、生産が必要な 発注計画, 生産進行管理、原材料受払管理、原価管理の基本になります。

重要機能

BOM (Bill of Material)による生産管理

  • 最終完成品や各半製品を品目で登録し、生産品に消耗される原材料/副材料の種類と数量を工程の順番通りに構成する機能
  • BOM 構成照会
    • 正展開 - 品目を生産する際、消耗される半製品や原材料/副材料の所要量を展開図で確認する事が可能
    • 逆展開 - 消耗される品目を基準にどんな製品/半製品を生産するのかを展開図で確認する事が可能
  • 生産品目と消耗される原材料/副材料の数量単位が違っても問題なし
    (例: 完成品A 1 EA 生産 – 原材料A 2 mm、原材料B 0.5 kg)
  • BOM 登録時、図面度などのファイル添付が可能
  • 一つの生産品目に多数のBOMを構成し、実際の生産時に、適用させるBOMを読み込み処理する事が可能
  • 製品生産時、BOMに応じて各種の原材料、半製品の在庫数量を自動管理
  • BOMが似た品目は、コピーする事ができ、大量のデーターをエクセル で、一括アップロードする事が可能
[BOM(所要量)正展開]

所要量計算を通じて、生産に役立つ情報を提供

  • 特定の製品を生産するのに必要な、原材料/副材料とその数量を事前に予測する事が可能
[所要量計算]

実際の現場で発生した業務を適用

  • 標準数量が現場で、実際に消耗される原材料の両を基準に生産適用させる事が可能
  • それらに応じた生産入庫に対する消耗現況、原材料投入比較表、収率差などの報告書を提供
[原材料投入比較表]

他の機能との連携

  • 特定の製品の生産のための発注計画時に必要な原材料を品目や必要量を自動計算
  • 作業指示書を通じた各工程別生産進行の流れを把握する事が可能
  • 生産された製品の不具合が発生した場合、BOMを解いて部品を再使用する事が可能
[生産入庫に対した消耗現況]