勤怠管理ソフトウェア

企業の人事労務管理は、正確で透明な勤怠管理から始まるため、企業様は、社員の勤務秩序確立のために勤怠に関した一貫性のある基準を確立する必要があります。 ECOUNT ERPでは、中小企業の効率的な人事、労務管理のために、勤怠に関する明確な基準を定め、職員別に勤怠内訳を入力出来る勤怠管理機能を提供しております。

作成理由

  • 本店/支店別に、組織構成員の出勤と欠勤事実をリアルタイムで確認する事が困難
  • 勤怠カードを通じた手記入力方法は、データーの欠落や誤記入問題が発生する可能性があり、透明性の保証する事が困難
  • 給与計算時、根拠データーとして活用される勤務記録及び勤怠使用確認に、多くの時間が費やされる
ECONT ERPを通じて、企業様が管理される勤怠の種類を登録する事ができ、必要に応じて有給日数をチェックし、休暇残余日数などを管理する事が出来ます。 また、勤怠管理に記録した勤怠内訳を給与手当に反映させる事ができ、より正確な給与計算が可能です。

効用性

  • 有給、休暇などの勤怠内訳と出勤、退勤などの業務手当に応じた勤怠内訳を社内事情に合わせて管理する事が出来ます。
  • 職員が直接、勤怠内訳を作成する事ができ、承認過程を通じて、該当する勤怠内訳は、自動的に勤怠現況へ反映されます。
  • 夜勤、欠勤などの給与手当と連携された勤怠内訳は、給与手当項目と連携する事ができ、給与計算が自動的に行われます。

重要機能

勤怠登録及び休暇算定管理

  • 有給や夜勤/週末勤務定期休暇など、社内管理基準に応じた勤怠類型を自由に登録
  • 休暇算定管理が必要な勤怠を有給日数と共に設定出来るため、社員別休暇残余日数を簡単に把握可能
  • 勤怠現況、休暇残余日数現況などの様々な勤怠関連出力物を提供
[休暇残余日数現況]

電子決裁との業務連携

  • 電子決裁 を通じて、勤怠内訳に関した起案を作成する事ができ、承認が完了すると、勤怠項目別勤務日数が自動的に増加
  • 電子決裁で休暇申請起案をあげた後、承認が完了すると、勤怠管理の休暇残余日数が自動的に差引される
  • 電子決裁を通じて連携された勤怠内訳は、勤怠現況を通じて確認可能であり、該当する勤怠内訳を基に職員別給与計算が可能
[電子決裁を通じた勤怠管理]

勤怠データーの給与手当反映

  • 各社員別勤怠内訳は、手当項目との連携を通じて、自動的に給与 に反映され、勤怠日数及び金額明細書上に詳細を表記
  • 夜勤、休日勤務などの勤怠を時給/日給の手当で登録する事ができ、支払形態に応じた細かな給与計算が可能
  • 欠勤/早退/遅刻/外出の勤怠コードは、給与手当へ反映時、差引金額も反映可能であるため、職員データーを根拠に給与控除が可能
[勤怠データーを手当へ反映]