シリアル管理ソフトウェア

シリアル番号管理は、生産や流通と関連した業種で重要視されます。強力なシステムなく企業様は、 生産, 流通, アフターサービス管理 。 を効果的に行う事が難しいです。ECOUNTが提供するシリアル番号管理機能を通じて、中小企業は、シリアル番号管理を効果的に管理し、在庫追跡率と効率を増大させる事が出来ます。

制作理由

  • 在庫資産を管理するに当たって、在庫の追跡と履歴管理を行うためには、同じ品目であったとしても、個別的な固有の一連番号を付与する必要があります。
  • 品質の保証と正確なアフターケアを行うためには、確認が必要な品目のシリアルNo.を付与する必要があり、これを通じて流通や生産過程の追跡を行う事が出来ます。
  • 品目にシリアルNo.を適用し管理すると、その後の返品やアフターサービスなどの、アフターケアや履歴管理を正確に行う事ができ、特に貴金属や特殊装置などの高価な商品を扱う場合には、こういった管理が必要とされます。
  • シリアルNo.の管理は、品目の入庫から生産、販売やアフターサービスまで、発生時点ごとに容易に記録し、一目で確認する事が出来る必要があります。
ECOUNT ERPは、同一品目の固有のシリアルNo.を付与し、個別管理を行う事ができ、購買、販売、生産、アフターサービスなど、在庫管理に関連する全過程に適用させる事が出来ます。これらを通じて、シリアルNo.別に品目の履歴を段階的に管理する事が出来ます。

効用性

  • 同一品目に個別のシリアルNo.を付与する事ができ、品目の履歴管理と追跡管理を容易に行う事が出来ます。
  • シリアルNo. 自動生成機能を活用したり、メモ帳、エクセル で作業したデーターを一括的にアップロードする機能を通じて、多量のシリアルNo.を簡単で便利に生成する事が出来ます。
  • 販売、購買、返品と搬入、生産やアフターサービスなどの在庫の受払と関連する事柄をシリアルNo.別に入力し照会する事が出来ます。
  • シリアルNo.による在庫品目の受払管理が自動的に行われ、関連する在庫受払簿を照会する事が出来ます。

重要機能

個別管理が必要な品目のシリアルNo.を生成

  • 同一品目に多数のシリアル.を登録
  • シリアルNo. 自動生成機能を通じて、特定規則に適用させ生成可能
  • メモ帳やエクセルを活用し大量のデーターを一括的にアップロードが可能
[シリアルNo. 登録]

個別管理が必要な同一品目の受払変動時、シリアルNo.別に適用し入力

  • 販売、購買、返品、搬入などの入出庫
  • 半製品または、製品の生産
  • アフターサービス受付など修理
[販売入力時シリアルNo. 選択]

シリアルNo.別履歴と在庫照会

  • シリアルNo. 在庫受払を活用し、品目の履歴を確認
  • シリアルNo. 在庫現況を通じて、現在の在庫数量を把握
[シリアルNo. 在庫受払簿]