倉庫/店舗管理ソフトウェア

多くの企業様が費用や浪費を削減しながら、顧客の要求に対応出来る在庫管理方法を探すために、苦労をしています。ECOUNTは、こういった共通的な問題を解決し、在庫を効率的に管理出来る機能を中小企業へ提供しております。

作成理由

  • 在庫資産が生産や販売のために、複数の場所で保管されているなら、該当する数量を把握する作業は、容易ではありません。
  • 倉庫別の在庫数量は、販売をスムーズにさせ、生産や購買に必要な数量を正確に計算し、在庫に維持費用を減少させるために大変重要な業務です。
  • 倉庫間の在庫移動時、時間差のため、在庫の移動に対する記録欠落や実際の在庫紛失を防止する事は、重要な管理ポイントです。
  • 一箇所に在庫が保管されていても、管理目的や責任に応じて区分し管理される場合、それらの在庫に対して各担当者別に責任を付与し、その後発生する在庫数量の損失を防止する必要があります。
ECOUNT ERPは、場所や目的に応じ、各倉庫別に区分する事ができ、インターネット環境さえ整っていれば、いつでもどこでも、在庫の移動と関連する事柄を入力し店舗や支店、外部倉庫などの分散した在庫を付与された権限内で、リアルタイムで正確に照会する事が出来ます。

効用性

  • 各倉庫別に在庫数量を把握できるため、多数の倉庫の在庫も正確に管理する事が出来ます。
  • Web 基盤という長所を生かし 、遠距離でも倉庫の在庫も、リアルタイムで確認する事が出来ます。
  • 営業、購買、生産などの在庫受払と関連した全ての出力物を、各倉庫別に照会する事が出来ます。
  • 在庫移動時、出荷倉庫と受取倉庫の受払増減が自動的に行われ、記録の欠落や在庫紛失を原則的に遮断する事が出来ます。 
  • 特定の担当者は、特定の倉庫だけを管理出来るように設定し、入力の利便性やセキュリティを強化する事が出来ます。

重要機能

各倉庫別に在庫を効率的に把握

  • 倉庫、店舗、支社などの多数の倉庫を自由自在に登録
  • 管理される目的に応じ、仮想の倉庫と作って在庫を把握 (例: 良品と不具合品を区分するための仮想の不具合倉庫登録、営業車両を倉庫に登録して外回りの在庫をリアルタイムで確認など)
[倉庫別在庫現況]

ご希望される形態の出力物をリアルタイムで照会

  • 販売現況、生産入庫現況など全ての出力物を倉庫別に照会
  • 特定の品目に対して、どんな倉庫にどのくらいの在庫が存在するのかを確認
  • 各支店の営業内訳や在庫現況の報告を受けなくてもリアルタイムで直接確認が可能
[店舗別販売集計表]

倉庫間の在庫移動を正確に管理

  • 倉庫移動入力時、在庫の受払が自動増減
  • 注文、購買、発注要請内訳と関連する内容を読み込み倉庫移動処理
  • 倉庫移動現況の把握や倉庫移動伝票や領収書の出力が可能
[倉庫移動伝票]

ID別に倉庫権限を設定

  • 倉庫グループを設定し、多重倉庫を簡単に管理
  • ID別に許容可能倉庫を設定し、付与された権限内でデーターを入力し照会
[倉庫グループ設定]