在庫調整ソフトウェア

多くの企業様は、定期的に在庫数量を調整する必要があります。ERPプログラムを選択される際は、実際に在庫調整が可能であるかどうかを確認する必要があります。ECOUNTは、出来るだけ容易に在庫数量調整が可能な機能をご提供させて頂くため、努力をしています。ユーザーは、各倉庫別に最新の在庫数量をアップデートする事ができ、これらは、即時に全帳簿へ反映されます。

制作理由

  • 最初にシステムを導入したり、既存の在庫管理システムを他のシステムへ変更する際、既存のデーターを移転する問題は、担当者の立場から見ると、大きな負担となります。
  • 在庫を管理する大部分の企業様は、複数倉庫の運営を行うため、倉庫別品目別に在庫の数量を登録し、調整出来る必要があります。
  • システム使用中の担当者の入力ミス、欠落などで電算在庫数量と実際に保有されている数量に誤差が生じる場合が発生するため、正常的な受払管理のためには、実際に保有している数量を強制調整する作業が必要となります。
  • 在庫の強制調整時、各品目別に調整履歴と理由を簡単に照会し管理する事は、重要ポイントとなります。
最初にECOUNT ERP導入される際、在庫調整機能を活用し、基礎在庫を簡単に登録する事が出来ます。また、システム運営中に実査在庫の数量と電算在庫数量が合わない場合、容易に実査数量を調整する事ができるため、実際の在庫数量をERPで正確に把握する事が出来出来ます。

効用性

  • ERP導入後、基礎在庫を簡単に登録する事が出来ます。
  • エクセルデーターアップロード 機能を活用するのなら、大量のデーターも容易にERPへアップロードする事が出来ます。
  • 実際の在庫数量とERPの在庫数量に誤差が生じた場合、実際の数量を入力すれば、自動的に受払が調整され正確な在庫数量を把握する事が出来ます。

重要機能

在庫実査と調整

  • 基礎在庫数量は、各倉庫別に登録
  • 入力した基礎在庫を基に、その後、購買が発生する場合、在庫現況で基礎在庫を基準に正確に受払が行われます。
  • エクセルデーターアップロード機能を活用し、基礎在庫を一括的にアップロードが可能
  • 実査在庫と電算在庫の数量に誤差が生じる場合、数量を強制的に調整する事が可能
  • 調整される品目の数量の差を入力するのではなく、実査数量分を入力する事によって、自動的に計算処理される
[在庫実査現況]