オンライン受発注システム

受払過程を通さず、顧客や取引先との関係を維持する事は難しい作業となります。ECOUNT ERPは、全ての企業様へ無料オンライン受発注機能を提供しております。ユーザーは、請求書を追跡したり、集金、以前の注文、販売注文、購買注文、購買注文現況などを、驚くほど容易な方法で確認する事が出来ます。

制作理由

  • 取引先の注文、発注、外注生産などの業務を電話やファックス、email などのやり取りによる、データーの消失や欠落、伝達内容の不一致、業務の遅延などの非効率的な問題が発生する事になります。
  • 弊社が提供させて頂くシステム内では、多数の取引先がアクセスし直接入力し、進行状況や必要な事柄を共有するため、データーの不一致問題を事前に防ぎ、無駄な業務を削減させる事が可能です。
  • 共有システムの環境を企業様に合わせて設定し、内部管理システムと自然的に連動させる事が、正確で効率的な業務のためには、重要な管理ポイントとなります。
ECOUNT ERPは、オンライン共有システムを無料で提供しております。オンライン取引共有システムは、Webで代理店や取引先と注文や発注業務を処理する事ができ、外注生産業務と作業指示や生産と関連した内容を共出来るため、取引先との正確な業務を共有し、効率性を高める管理を行う事が出来ます。

効用性

  • リアルタイムで、外部取引先とオンライン上で取引内容を受け取り業務を共有でき、取引先数に関係なく無料でご利用頂けます。
  • 代理店や取引先で入力した注文内訳は、ERPに自動反映され、注文の承認有無や進行状況を該当する取引先がオンラインで、直接確認する事が出来ます。
  • 外注生産業者とのやり取りする原材料/副材料や生産品の数量を最新の状況で共有し、在庫の不一致問題を根本的に解決する事が出来ます。
  • オンライン取引システムで取引内訳、元帳などを許容した帳簿を取引先で直接照会する事ができ、掲示板を生かして、業務のコミュニケーションをスムーズにに進める事が出来ます。

重要機能

オンライン取引共有システムとは?

  • 代理店、外注生産業者など取引先との注文、発注、外注生産などの業務 、をオンライン上で、処理する事が出来るシステム
  • オンライン取引共有システムは、名前の通りオンライン受払システム、C/S、取引先管理システム
  • 取引先は、ECOUNTで提供する取引管理システムサイト址(http://cs.ecounterp.com)へアクセス
  • ECOUNT ERPを使用される企業様は、無料でご利用可能で、取引先のユーザー数に制限はありません。
[オンライン取引共有システムのログイン画面]

システム環境設定とユーザーID 生成権限の付与

  • 取引先に表示させ、使用されるメニューを企業様に合わせて直接設定が可能
  • ERPに登録された取引先の中で、システムを使用する取引先を選択し、IDを付与
  • システムを使用される取引先ごとに権限を別途設定する事が可能
  • 指定してた倉庫や支店、工場の在庫のみを照会し、注文要請出来るよう設定
  • 注文受付時間を制限、注文お知らせ方法を設定し、営業担当者の指定が可能
[取引先ID登録と権限付与]

オンラインで注文受付

  • 取引先がオンラインで注文を入力すると、内訳はERPに自動反映
  • 注文入力時、指定された営業担当者へメッセージが発信され、担当者は注文内訳を確認し、取引先へ要請在庫を出庫
  • 処理内訳は、ERPで自動的に販売管理、在庫管理、売上管理、未収金管理などが行われる
  • 取引先は、オンライン上で注文の承認有無や進行状況を把握する事ができ、取引明細書、請求書、元帳などを照会し出力が可能
[顧客がオンラインで注文作成]

オンラインでの発注内容伝達

  • ERPで発注書を入力すると、その内容は自動的にオンライン取引共有システムに反映され、 納品取引先は、システムにログインし要請された内訳を確認する事が可能
  • 発注書の内訳に応じて実際に在庫を納品
[取引先で発注内訳を確認]

外注生産業者との 生産業務の共有

  • ERPで外注工場に直接作業指示を支持する際、外注先はオンラインで作業指示書照会が可能
  • 外注先で資材を送り、生産完了した生産品が本社に入庫する場合、ERPに該当する内訳を入力すると、外注先はオンラインで受払内訳を確認
[オンライン内で作業指示書確認]

取引先と複数の業務データーを共有

  • 取引完了後、発生した取引明細書や請求書を直接確認し、出力可能
  • 過去の取引内訳、取引元帳、在庫現況などを許容した帳簿を直接照会が可能
  • 取引先と共有出来るグループウェアの掲示板を生成し情報を共有
[CS掲示板]