業務管理ソフトウェア

現代のの業務環境で現業は必須的な要素です。ECOUNTは、遠く離れていても使用者刊の意思疎通をスムーズにし、現業を可能とさせるグループウェア機能を提供しております。 ユーザーは、伝達者を指定しメッセージを転送する事ができ、ウェブ基盤ERP内で共にブレインストーミングする事が出来ます。

制作理由

  • 部署長などの管理者は、各チーム員に業務を支持し、その進行状況を把握できる必要があります。
  • 特定のプロジェクトが発生したり、新しい事業を遂行する際、専門知識を持つ各部署の担当者の意見交流と、相互の調整がスムーズに行われてこそ、良好の成果を期待する事が出来ます。
  • 個人および部署単位で行き来する業務データーは、企業様の大切な資産であるため、これらを一箇所で簡単に共有できる必要があり、持続的な保管を通じて、必要な時にいつでも閲覧出来る必要があります。
Ecount ERPの業務伝達機能を活用すると、従業員間の業務指示および週刊業務報告などを遂行する事が可能です。業務進行状況に応じた把握が可能であり、部署間、プロジェクト間のスムーズな業務協業が行われます。

効用性

  • 他のユーザーへ業務を支持し、伝達するのに便利です。
  • 業務進行状況を管理出来るため、担当者間のスムーズな業務協業を行う事が出来ます。

重要機能

業務指示および伝達

  • どんな業務を伝達するのかその種類と性格に応じて、各自異なる掲示板を20個まで掲示板を生成し、従業員間の業務を共有する事が出来る機能
  • 文書やイメージなどのファイル添付が可能
  • 掲示板に関係なく自身が伝達したり、伝達を受けた文書のみを別途で管理する事が可能
  • 従業員の週刊業務指示および週刊業務報告書などを修正する際に使用
  • 掲示板作成および回答時、関連担当者へメッセージ発信をする事が可能
[業務掲示板]

業務心境状況の管理

  • 1:1 または、1:多数で自身が伝達し、参照する社員のみを指定し業務を伝達し進行状況を把握出来る機能
  • 新規、進行、保留、完了などの段階で管理する事ができ、進行中の業務事項だけを照会する事が可能
  • 部署やチーム単位、プロジェクト単位の業務協業時に有用に使用
[業務伝達事項]