プロジェクト管理ソフトウェア

協業を通じて遂行されるプロジェクト業務は、参加人員の情報共有と進行状況把握、完了予定日などを一目で確認する事が重要です。 ECOUNT ERPのプロジェクト管理は、実行プロジェクト件の進行状況と完了予定日を簡単に把握する事が出来ます。 また、各プロジェクトの下位タスク(伴う業務)に対した内容を記録する事ができ、従属している業務の詳細内訳を追跡する事が出来ます。

製作理由

  • プロジェクトの設計から完了までの全体的な進行状況を一目で確認する事が困難な点
  • プロジェクト進行時、会計営業マーケティングなど、関連部署の業務協業、及びデーター共有が困難な点
  • プロジェクト及びそれに伴う下位の業務時、発生した各種の証憑書類を別途保管する必要がある面倒が発生する点
ECOUNT ERPのプロジェクト機能を通じて、実行プロジェクトの全体的な進行状況と、それに伴う業務を一目で確認出来る業務関連者との業務共有を円滑に遂行できるため、迅速な意思決定を行う事が出来ます。

効用性

  • プロジェクト進行状況を掲示板形態で登録し、業務内容を記録し、その履歴を管理する事が出来ます。
  • 実行プロジェクトを登録し、該当プロジェクトに対した下位タスク(伴う業務)に対した内容を記録し期間別進行率などを把握する事が出来ます。
  • プロジェクト及び下位タスク作成時ファイル添付、コメント作成、支出決議書の連携、 掲示板を連携する事が出来ます。

重要機能

プロジェクトの生成と入力

  • 管理する実行プロジェクトをそれぞれ登録し、体系的に管理する事が可能
  • プロジェクト計画開始日から完了日までの期間を設定し、それぞれの担当者が進行状態を登録
  • タスク(伴う業務)によるファイル添付、コメント作成、支出決議書の連携、掲示板の連携などを利用し、詳細内訳を追跡、及び管理する事が可能
  • プロジェクト掲示板は、リスト形態とガント(Gantt)形態で確認する事が可能
[ガントチャートによって設定された画面]

プロジェクト作成時の機能

  • グループウェア掲示板と連携し、関連参照文を作成する事ができ、該当するプロジェクトの詳細情報登録が可能で、職員間の情報共有が円滑化される
  • プロジェクト進行時発生した支出費用を会計 処理する場合、該当するプロジェクト掲示板の下段に支出決議書ボタンをクリックし、簡単に会計処理が可能
[プロジェクト作成]