電子決裁ソフトウェア

企業様の決裁プロセスは、適切な時点に決定し、業務が承認されるようにスムーズに遂行される必要があります。 しかし、多くの決裁事項に埋もれて文書を紛失したり、要求事項が欠落してしまう場合が発生します。 ECOUNTは、中小企業様が、決裁過程を管理出来る機能を提供しております。電子決裁機能を利用すると、決裁を印刷しなくとも、簡単に処理し全部署を統合的に管理する事が出来ます。

制作理由

  • 企業内では、一般敵意購買発注や資金の支出が発生する場合に、上級者の承認を受けた後に、遂行します。
  • 実務者は、同一業務にもかかわらず、決裁承認を受けるために起案書作成と管理に必要な伝票作成業務を不必要に重複して作業します。
  • 最終承認が完了した文書は、企業様の重要な文書であるため、履歴管理と保安が必要とされます。
ECOUNT ERPの電子決裁は、一般グループウェアとは異なる特別な機能を備えております。電子決裁機能から ERPとの連動出来る起案書を作成し、決済処理を行う事が出来ます。

効用性

  • 電子決裁では、作成した起案文書が最終承認が完了すると、ERPの会計在庫に該当する内容が自動的に反映され、重複作業を行う必要がありません。
  • 現在、企業内で使用する起案文書の様式を共通書式箱へ登録し、そのまま使用する事が出来ます。
  • 決裁文書の進行状況を段階別に把握する事ができ、決裁時に回答やコメントなどを追加する事も可能です。

重要機能

ERPの会計、在庫と連携される電子決裁

  • 支出決議書、見積書、発注書などの最終承認が完了した起案文書が、ERP各機能へ自動的に反映される機能
  • ERPと連動される電子決裁文書
    • 会計: 支出決議書、入金報告書、仮払金精算書、会計伝票
    • 在庫/生産: 見積書、注文書、発注書、生産作業指示書、発注要請書
[ERPに連動させる起案書の作成]

起案文書の登録および管理

  • MS-Word, MS-Excel などで作成さした各種の品位書、営業報告書、日別報告書などの文書の書式を共通書式箱へ登録し、使用出来る機能
  • 共通書式箱に登録された文書の書式は、実際に起案書を作成する際に、読み込む事が可能
[共通書式箱]

決裁文書の進行状況管理

  • 決裁文書の決裁、返戻、参照、コメント追加などの進行段階別に把握できる機能
  • 起案書作成時に、ファイルおよび文書添付が可能
  • 決裁進行段階で、上位決裁者が起案文書にコメントを追加出来る機能
  • 返戻された決裁文書は、会社の共通文書であるため、起案者が任意で削除する事は出来ず、管理者(Master)のみ削除する事が可能
[私の決裁箱]