部署/プロジェクト管理ソフトウェア

販売が増加し職員数が増加する事により、管理しなければならない業務や帳簿の範囲も共に増大します。 ERPシステムは、各部署やプロジェクト別に発生する取引内訳を確認出来る必要があります。また、 管理者が現在正確に判断し将来の状況に備えるための詳細情報を盛り込んだ報告書を作成する必要があります。 ECOUNTは、企業が部署やプロジェクト別に、業務活動を簡単に管理出来る機能を提供しております。どんなユーザーでも、 目標や締切に合わせられるよう、部署およびプロジェクト別の報告書を作成する事が出来ます。

制作理由

  • 売上が増加し、企業が成長するとともに、管理範囲は広がるため、経営データーは、現在の状況を正確に把握し、将来を予測できるよう、細分化された情報を提供する必要があります。
  • 経営者は、事業者やチーム別または、イベントやプロジェクト、期間別に実績や成果などの効率性を測定し、投資の集中と再分配を決定します。
  • 会計と関連下全ての報告書は、管理する単位別に資金の変動事項を簡単に把握できる必要があり、また、総合的なデーターを確認するためのデーターの収集が容易である必要があります。
ECOUNT ERPでは、支社、部署、プロジェクトなど各パート別に区分し、会計帳簿を管理する事が出来ます。全ての報告書は、特定の単位で区分され、照会出来るため、より細部的な分析が可能であるため、経営者の正確な状況判断と意思決定に役立ちます。

効用性

  • ひとつのERPシステムで、複数の会計帳簿を同時に管理する事が出来ます。
  • それぞれの系列社や支社、事業部の会計を別途に経理し、部署別に伝票入力と照会が可能です。
  • 担当者(ID)別に許容部署を指定し、指定された部署のデーターのみを入力し、照会出来るように権限を設定 する事が出来ます。
  • 管理する特定の遂行する特定の計画などをプロジェクトとして設定後、判断、販売、支出、損益資金変動などを区分、管理する事が出来ます。

重要機能

各部署やプロジェクト別に区分管理

  • 各部署とプロジェクト別に財務諸表、資金、損益などを区分し入力、照会、出力が可能
  • 設定した部署別に伝票を入力する機能
  • 会計帳簿を部署別に照会する事ができ、全ての部署を統合し、照会する事が可能
  • ID別に許容部署を指定。与えられた権限内でのみ入力し、照会できるように設定する事が可能
[部署別取引先別売掛金の集計]

各部署およびプロジェクト別帳簿

  • 部署およびプロジェクト別に、各種の帳簿を生成
  • 部署およびプロジェクト別に各種の帳簿の詳細を分析し、要約するのみ有用に使用
[プロジェクト別損益計算]