貿易業管理ソフトウェア

輸入品の場合、輸入取引の特性上取引が終了した時点と実際の物品を 引導された時点の差が長引く可能性があります。そのため、利子費用および他の付帯費用が発生し、 蓄積されます。こういった費用を記録するためにECOUNTは、輸入付帯費用管理機能を提供しております。これを通じて中小企業様は、輸入取引と関連費用を効果的に精算する事が出来ます。

制作理由

  • 輸入業務は、特性上、契約から実際に在庫が入庫するまでの期間が長く、それによる複数の理解関係と付帯費用が発生します。
  • 輸入時発生する付帯費用を取引先と類型別に記録し、その内容を件別に整理してゆくことが業務の重要な管理ポイントです。
ECOUNT ERPでは、輸入時に発生する関税士の費用および荷役費などの複雑な輸入業務の手順を件別に一目で整理し、確認する事が出来ます。また、通帳と取引先の外貨と円貨を同時に管理する事が出来ます。

効用性

  • 現資材または、商品の輸入時、発生する各種の付帯費用を輸入件別に、一目で管理する事が可能です。
  • 外貨で管理する通帳は、外貨通帳に設定する事ができ、資金日報などの帳簿で円貨金額と外貨金額を同時に確認する事が出来ます。
  • 海外取引先は、別途で区分設定が可能であり、海外の取引先の外貨帳簿を照会し確認する事が出来ます。

重要機能

輸入管理台帳を通じた輸入件別付帯費用管理

  • 輸入件別管理番号(通常は、輸入免状)を登録し輸入件別に付帯費用を管理する機能
  • 原資材/商品の輸入時、発生する通関士の費用、運送料、荷役費などの細部的な費用項目を記録
  • 輸入管理台帳を通じて、輸入件に対する費用を一目で照会、確認
  • 付帯費用は、未着品勘定で処理された後、通関完了時に本勘定振替入力が可能
[輸入管理台帳]

輸入付帯費用の原価反映

  • 輸入時発生した費用、運送料、荷役費などの付帯費用は、 一件当たりの輸入購買単価に反映する事ができ、反映時に自動的に按分したり、金額を調整出来る機能
  • 購買原価に反映された輸入付帯費用は、減価に自動反映される
[購買入力時に輸入付帯費用を登録]

通帳および取引先に対する外貨と円貨の同時管理

  • 外貨取引は、通帳は外貨通帳で登録し、使用紙幣を設定する機能
  • 各種の帳簿に円貨金額と外貨金額が共に表示される
  • 外貨取引先で別途の区分を行う事ができ、取引は通貨を設定する事が可能
  • 外貨取引の場合、別途で外貨帳簿で取引内訳を照会する事が可能
[外貨帳簿]