固定資産管理ソフトウェア

固定資産の管理のためには、資産形態の区分から、財務諸表の作成にあたるまで会計の知識が必要とされます。 ECOUNTは、中小企業が固定資産の減価償却計算を容易に行い、これらを財務諸表に反映する事が出来る機能を提供しております。企業は、固定資産などの必須的な計算処理を行う事が出来ます。

政策理由

  • 固定資産の管理業務は、資産の種類の把握から取得日と内容年数、数量管理、減価償却計算と減価償却累計額算出まで、専門的な知識が必要とされる業務です。
  • 土地を除いた全ての固定資産は、減価償却の対象であるため、周期的に各資産別減価償却計算が行われる必要があり、それらの内訳を貸借対照表などの財務諸表に簡単に反映出来必要があります。
Ecount ERPでは、建物、機器設備、車両、備品などの資産を一目で確認出来る多様な報告書を提供し、難しい減価償却を自動出来に計算できるため、貸借対照表などへ、固定資産の金額を簡単に反映する事が出来ます。

効用性

  • 固定資産の管理を会計勘定科目別ではなく、各企業が直接行う場合、資産別に区分し、数量や金額を管理する事が出来ます。
  • 資産の取得価格と内容年数を入力し、減価償却方法のみを選択すると、難しい減価計算の計算を自動的に処理し会計帳簿に反映する事が出来ます。
  • 各資産別に、固定資産台帳や固定資産受払簿などの実務に必要な様々な情報を照会する事が出来ます。

重要機能

企業の資産別に固定資産を登録

  • 固定資産の類型は形態として登録(会計科目基準に登録しなくともよい)
  • 例えば、備品という会計の勘定科目ひとつで固定資産を登録し管理するのではなく、必要に応じて机、イス、コンピュターなどの資産類型を細分化して登録し、管理する事が可能
  • それぞれの固定資産登録時、会計に反映する勘定科目と減価償却費の勘定だけを選択すると、自動的に金額が合算され反映される
  • 固定資産は、金額だけではなく、数量管理も行う事が可能
[固定資産登録]

資産の数量と金額の増減内訳を管理

  • 固定資産の追加購入時、増加入力
  • 固定資産の売却や廃棄時に減少入力
  • これらに伴う固定資産別数量管理と金額、履歴管理が可能
[固定資産増加入力]

減価償却計算を自動的に処理

  • 減価償却は、定額法と定率法のいずれかの方式から選択可能
  • 計算法を選択し、資産の所得と内容年数を入力すれば、希望される期間い減価償却を自動計算する事が可能
  • 減価償却の計算結果は、会計帳簿と連結され財務諸表などの自動反映されるため、別途に入力する必要なし
[減価償却自動計算]

固定資産台帳

  • 固定資産増減台帳、固定資産受払簿など様々な出力物の生成および照会が可能
[固定資産台帳]