経営者報告書ソフトウェア

管理者は、企業の成功のために最善の努力を行っております。しかし、リアルタイムで確認出来る最新の報告書がないと、重要情報を基盤にした意思決定を行う事は、 容易ではありません。管理者の懸命な意思決定をサポート出来る報告書を生成する事は、ERPの必須要素です。ECOUNTは、経営者のためのメニューを開発し、 これらをサポートしています。ECOUNTを通じて、ユーザーは、世界各地で、いつでも会計報告書を照会する事ができ、 管理者も意思決定に重要な各種の文書をノートパソコンやモバイルで即時に確認する事が出来ます。

制作理由

  • 企業様の経営者陣は、企業を成功させるために経営を行います。つまり、企業内で使用する会計プログラムも、こういった目的を達成する必要があります。
  • 企業成長のためには、過去と現在の経営状態を正確に確認し、意思決定時に必要な経営データーを即時に、確認出来る必要があります。
  • 企業内の業務は、資金と連携されているため、会計と他部署の業務連動は、正確な資金管理のために、大変重要な要素です。
企業のCEOや資金関連の職員などは、経営に必要な報告書と帳簿をECOUNT ERPを通じて、いつでもすぐに確認する事が出来ます。 経理部部署へ報告書作成を催促しなくとも、自身のPCと モバイル機器を活用し、いつでもどこでも確認する事が可能となります。

効用性

  • 経営者が実際に確認する様々な報告書を全て提供しております。
  • インターネットを通じたアクセス で、いつでもどこでも、企業の全現況を即時に把握する事が出来ます。
  • 会社の費用と支出に対する統制をより簡単に行う事が出来ます。
  • 過去から現在までの資金と規則性を発見し、近未来の会社の資金状況を予想する事ができ、将来に対して、事前に準備する事が出来ます。

重要機能

経営に必要な全ての帳簿を提供

  • 経営データー : 資金日報、資金現況表、月別損益分析、債権/債務期数期間表、経営要約報告書など
  • 財務諸表 : 貸借対象表、損益計算書、原価明細書など
  • 元帳 : 勘定別元帳、買入/売上帳、仕訳帳、現金出納帳など
[多様な報告書]

ウェブを通じたアクセス方式

  • 経営者が直接システムにアクセスし、損益と原価、資金、債権債務などを即時に照会
  • 帳簿を照会時に、内訳から該当する項目をマウスクリックすると、詳細照会画面へ移動し、 最初の入力画面まで追跡する事が出来る機能
  • スマートフォンやタブレットPCなどを通じて、会社の資金変動状況をいつでもどこでもリアルタイムで把握
[資金日報]

会社の費用と支出を統制

  • 会社伝票承認機能を利用し、会社の費用支出に対して管理し、統制する機能
  • 費用を支出した職員や経理部で作成した伝票は、承認権限を持つ者(経営陣または、責任部署長)の事前承認後に、ECOUNT ERPへ反映されるように設定を通じて、変更する事が可能
  • グループウェアを使用する場合、電子決裁を通じて、承認が完了した起案書を自動的にERPの会計帳簿に反映させる事が可能
[伝票承認機能使用有無設定]

計画を策定し企業の未来を準備

  • 未来の予測と準備のための数十、数百種の報告書を経営陣が希望される際に、直接照会出来るように提供
  • 報告書以外に資金計画機能を活用し、販売と購買などの取引が発生する場合、その後に予算される資金に対する体系的な管理が可能
  • ERPの会計販売購買在庫 の機能が有機的に合わさり 、資金計画に自動反映され、推定資金日報/月報/年報などの報告書で照会可能
[月別推移グラフ]