簡単な会計ソフトウェア

会計メニューを考慮し開発されたERPプログラムでない場合、正確な会計データーを維持、管理する事は難しいです。統合的な会計機能を持つERPを使用するのなら、 エラー欠落の危険性を大幅に減らす事が出来ます。ECOUNTは、中小企業の会計部署に適切な統合的機能のERPとして設計されたため、効果的な管理のための必須的な機能と報告書を提供しております。

制作理由

  • 会計プログラムは、経営者や実務者が会計に慣れている専門家でなくとも簡単に入力し、照会出来るシステムである必要があります。
  • 手記帳簿やエクセルなどで会計を管理してみると、いくつかの種類の元帳と報告書を確認するため、ひとつの取引を重複して入力しなければならないという非効率的な業務作業が増える事になります。
  • 営業 購買などの資金と関連する各データーが、会計と容易に連携されない場合、重複作業が増え、取引の重複、欠落、不一致などの問題が発生する可能性があります。
Ecount ERPでは、会計を担当する実務のために、多様な元帳と実務帳簿を提供しております。また、会計に慣れない初心者の方も簡単に会計取引を入力し処理出来るよう[簡単入力]機能を提供しております。

効用性

  • 会計の基本である借方/貸方に、まだ慣れていない初心者の経理担当の方も簡単に伝票を入力する事が出来ます。
  • 経営者が複式簿記に慣れていない場合でも、会計出力物をいくらでも簡単に確認し参照する事が出来ます。
  • 経理業務の専門家でなくとも、使用する事が出来るため、会計システム維持費用を節減する事が出来ます。
  • 他部署で発生したデータでも、現業部署で入力する事が出来るため、業務作業が減少します。

重要機能

ユーザーの水準に合った伝票入力機能を提供

  • 初心者用の[簡単入力]機能と共に、会計専門家用の[Fast Entry]方式も基本的に提供
  • 簡単入力方式 : 借方、貸方などの会計の基礎に慣れていない方でも、ECOUNT ERPが自動的に複式仕訳処理を行い保存する機能
  • Fast Entry : 会計の専門家の方が一度に入力する事が出来る方式、弥生会計、NECなどの一般的な会計プログラムの入力方式
[簡単入力方式の売上伝票入力画面]

管理する全ての帳簿を 一度の入力でが生成

  • 全ての帳簿がすぐに生成
  • 理解しやすい簡単な帳簿
  • 必要な帳簿の細部内訳を確認したり、要約する事が可能
[資金日報]

販売 購買などの業務と直接連結

  • 販売 と購買などの資金と関連する入力データーを会計で読み込む機能
  • 営業部署では、データーの重複管理の必要なし
  • 営業部署の業務がリアルタイムで、会計部署と連携され、過去の営業データーが残っていなくとも、会計の売上集計が遅延されるなどの問題がなくなるため、社内全体の業務時間を大きく短縮され効率性が大幅に高まる
  • 債権管理 にあたっても、会計と販売が相互連携されているため、集金などを通じて、体系的な未収金債権管理が可能
[会計+在庫データーを参照可能(仕入売上帳)]