会計ソフトウェア

ECOUNT ERPの会計/財務のモジュールを通じて、債権、 債務、原価会計、利益と損失、資金の流れなどと、様々な管理を行う事が可能です。ほとんどの企業様が、会計/財務プログラムを使用されていますが、多くの問題に直面しています。
  • リアルタイム情報の不足
  • 不明確な報告書
  • 営業、購買、製造部署と有機的な連携の不足
  • コンピュータープログラムの設置が必要
  • 高いコストのプログラム
  • 顧客支援サービス不足
独立型または、設置型の会計プログラムを使用する多くの企業様は、他の部署で使用するプログラムとの共有がスムーズに行われないという問題点に直面します。 部署間の業務が有機的に行われない事は、意思決定権限者が正確なリアルタイムの情報を基に、最適の決定を下す事が難しい事を意味します。 ここでウェブ基盤のソフトウェアの必要性が浮き上がります。ECOUNTは、どんな場所でもユーザー数の制限なくアクセスが可能です。 ECOUNTは、別途設置する必要がなく、クリックだけでリアルタイムで会計報告書の照会が可能です。

効用

  • ウェブ基盤のERPソフトウェアで、いつでもどこでもアクセスが可能です。
  • 別途の設置作業は、必要ありません。
  • 毎月の使用料だけでユーザー数に関係なく、無制限にアクセスする事が可能です。
  • リアルタイムで、情報の照会が可能です。
  • 報告書作成時間を短縮する事が出来ます。
  • 営業購買生産在庫メニューと連携しています。
  • 重複業務を減らす事が出来ます。
  • 簡単で効率的な締切作業が可能です。
  • 多国語支援 – 英語、日本語、中国語、韓国語、スペイン語、ベトナム語に対応しています。

重要機能

  • 経営者報告書: 会計、在庫、営業に関連する各種の報告書を簡単に作成する事が出来ます。
  • 簡単な入力: 会計メニューは、ユーザーの利便性を考慮して開発されました。会計の仕訳にまだ慣れていない初心者の方のために、単純な入力方式を提供しております。
  • キャッシュフロー管理 : 資金の流れの計画と、実際の資金の流れの現況を比較する事が出来ます。
  • 手形管理: 支払手形/受取手形を統合システムを通じて管理する事が出来ます。支払/受領した金額を容易に入力する事ができ、重複入力を防ぐ事も可能です。
  • 輸入付帯費用管理: 輸入及び製造業者は、様々な製品を輸入する過程で、予期しない輸入付帯費用を管理する事が可能です。
  • 部署及びプロジェクト予算管理 : 支社、部署及びプロジェクトの予算や支出を管理する事が出来ます。
  • 予算管理 : 実際の執行額と予算推定値を対比した管理をより簡単に行う事が出来ます。部署、月別、品目別に支出した費用の確認が可能です。
  • 固定資産管理: 固定資産の減価償却、支払、位置や在庫現況などを管理する事が出来ます。
グループウェアメニューの詳細について確認する事が出来ます。