債権/債務管理ソフトウェア

売上が持続的に増加したとしても、債権を回収出来ないのであれば、資金の流れが滞り企業運営に行きず待ってしまいます。 反対に債務をその都度支払わない場合、企業間の信頼関係が壊れ、今後の取引に悪影響を与える事になります。 ECOUNT ERPでは、担当者別, 取引先別の債権/債務残高を合算したり、発生取引件別に細分化し管理する事が出来る債権/債務管理機能を提供しております。

制作理由

  • 債権の回収のために発生時点から回収完了まで諸事項を体系的に管理する事が困難
  • 納品以降の取引先の債権満期日を適切に管理出来ない場合、不良債権に変化する危険性高まる
  • 会計と販売, 購買モジュールが連携されていない債権/債務及び集金/支払を部署別に重複管理する事により業務の非効率化を招く
ECOUNT ERPの債権/債務管理を通じて、取引先別債権/債務残高を取引先別に記録し管理する事ができ、現金、預金、小切手と連携させ集金/支払処理を行う事が出来ます。

効用性

  • 売上/買入時に代金の集金/支払の計画を立てる事が可能で、取引先別に債権/債務残高をリアルタイムに確認する事が出来るため、体系的管理を行う事が出来ます。
  • 債権を取引単位別に管理する事によって悪性債権を事前に防止する事が出来ます。
  • 正確で柔軟に支払管理と購買会計会計 部署間の円滑な業務連携を通じて、企業の購買費用の損失を減少させる事が出来ます。
  • 債権/債務の減少時に集金/支払の形態を預金、現金、小切手と連携し処理する事が出来ます。

重要機能

債権/債務の発生

  • 企業の営業購買活動中の取引先と発生した代金を時間をおき、回収/支払を行う場合、債権と債務という掛け代金が発生
  • 売掛金/買掛金代金発生時の債権/債務番号を付与し、取引先件別に債権/債務残高を管理し債権/債務番号を基準に集金/支払管理及び残高管理が可能です。
  • 在庫で入力された取引先の売掛金や買掛金などの情報は、 会計との連動を通じて各種の債権/債務帳簿へ自動反映されます。
[債権増加現況]

債権/債務減少処理

  • 債権/債務の集金や支払時に現金、預金及び小切手などの形態で入出金処理が可能
  • 債権/債務番号を基準に残高管理を行う場合に取引件別に割引及び入手金処理が可能
  • 集金及び支払処理前に担当者の承認が必要な場合はユーザー別に承認権限設定を付与し 電子決裁 機能を通じて該当する決裁件の承認手続きを行う
[債権減少登録]

小切手管理

  • 取引先から受取小切手や発生小切手を管理番号などを付与し体系的に管理
  • 債権/債務残高減少時に受取小切手や発行小切手を通じて、取引件別に入出金処理が可能
  • 入出金処理されていない小切手は未入金, 未出金タブで区分し管理する事が可能で、小切手の処理有無の確認が容易
  • 小切手受領/発行現況を通じ、小切手の受領/登録から入出金処理までの内容を一目で確認する事が可能
[受領小切手現況]

債権/債務関連の報告書

  • 取引先別の債権/債務現況を通じ、担当者別 取引先別内訳と集金内訳、残高現況などの詳細を確認する事が可能
  • 債権/債務の増加,減少現況などを通じ、取引先別、債権/債務番号別の満期日や残高を確認する事が可能
  • 債権/債務の取引内訳リストを通じ、取引の増減支払、集金形態(預金、現金、小切手など)と 部署, プロジェクト別残高の確認が可能
[債権取引内訳]