ERP FAQs

全社的資源管理システム FAQs

Q: エンタープライスサポート管理システム (ERP)とは?

A: エンタープライスサポート管理システムとは、組織の情報を統合管理する事を意味します。 ERP システムは、一般的にパソコンのデーターを基に構成され、社内の資金、会計、購買、生産、販売、人事などの会社のデーターの流れをスムーズに管理し、より効率的な事業運営可能にします。

Q: ERP ソフトウェアの頂点は?

A: ERP ソフトウェアを検討される企業ごとに、システム導入を通じて、管理しようとする目標があり、多くの企業は、次のような結果を期待します。
  • 情報の流れをスムーズに行う。
  • 会社の重要権限者には、必須情報を提供する。
  • 不要な重複業務を減少させる。.
  • 経営環境に機敏に対応出来るようにサポートする。

Q: ウェブ基盤 ERP ソフトウェアの長所は?

A: ウェブ基盤ERP ソフトウェアは、次のように様々な長所があります。
  • 直接、サーバーを運営する必要がありません。
  • メンテナンスやアップグレードを行う必要がありません。
  • 別途、IT部署を備える必要がありません。
  • 標準化されたシステムです。
  • 別途の導入期間が必要ありません。.
システムのメンテナンスや、サーバー、アップグレードは、ECOUNTが徹底的に管理を行います。.

Q: ERP システム選択時の注意事項は?

A: ERP システムを選択される事は、とても重要な決定なため、企業評価を慎重に行う必要があります。 最も適切なシステムを算定するために、次の事柄を確認して下さい。
  • 事業要求事項
    各企業様の業種や事業規模を考慮し、開発された ERP システムを選択する必要があります。 多国的な小売流通大企業が中小企業型の製造業を目的に開発されたERP システムを選択する事は、適切であるとは言えません。
  • システムの拡張性
    ERP システムは、企業様と共に成長し、変化する企業環境に応じて、進化してゆく必要があります。今後5年以内に、システムを容易にアップグレード出来ないなら、システムとしては、何の意味もありません。
  • サービスサポート
    ERP ソフトウェアを具現、需要するには、時間を費やし、供給者のサービスサポートが必要となります。 よって、供給者のサービスサポートのクオリティを確認する事が重要となり、通常、ここでサポート料が発生します。 関連費用がどれくらい必要で、どの程度のサポートが必要となるでしょうか?また、供給者は、企業様が必要とする水準のサービスをサポートする事が出来るでしょうか? ERP ソフトウェアを検討される際に検討されるべき項目です。
  • ウェブ基盤 VS 社内設置型システム
    ERPソフトウェアを選択する際、順応性やその他の要因によって、企業様が、社内設置型 ERP システムを必要とされているかを検討する必要があります。

    万が一、必須事項でない場合は、企業様が社内設定型のERP システムを運営する資源、設備資源が整っているかを確認する必要があります。 必要となる資源、設備を確保できないのであれば、他のERP オプションをご検討される必要があります。このいった質問は、企業様が使用する事になるERPシステムの長期的な成功のために、必要不可欠となります。

Q: 企業用会計プログラムの種類は?

A: ビジネスで提供される会計ソフトウェアは、大きく分けて、3つの重要類型があります。 税務会計、簿記/資金管理会計やビジネスサポートソフトウェア。
  • 税務会計ソフトウェアは、 商取引を基盤に、納付する税金の正確な金額と、納期期間を決定し、報告するために使用します。
  • 部署/資金管理ソフトウェアは、資金が正確に使用されされているのかを確認出来る金融取引記録を維持するために、主に、企業様が資金使用権限を付与された会計帳簿担当の方が使用されます。また、 発生する可能性がある争いを防止するために、顧客との商取引の内訳を記録するのに使用します。通常は、単式簿記方式が利用されております。
  • ビジネスサポートソフトウェアは、企業様の幹部の方が、全事業の領域を直接管理せず、業務を分割した後、指定された部署が管理し、職員の生産性を高め、データーを共有する場合に使用します。 完了した業務に対する記録は、別途に入力するのではなく、直接、会計ソフトウェアにて行う事になります。
評価を行うもう一つの原因は、プログラムを伝達する方法です。このプログラムをネットワークに設置したり、クラウド会計ソフトウェアとなる事が出来ますという事が望ましいでしょうか?一部の企業様は、規定厳守やセキュリティのために、ネットワークにプログラムがある必要があります。しかし、小企業の場合は特に、クラウドソフトウェアでの特典を受ける事が出来ます。
小企業は、特にクラウド会計ソフトウェアから特典を受ける事は、出来ません。
評価が必要なもう一つの原因は、プログラムの伝達方法にあります。プログラムをネットワークに設置する事をご希望さているのか、あるいは、ウェブ基盤の会計ソフトウェアも使用できるかどうかを確認する必要があります。一部企業様の場合、順応性とセキュリティのために、必ず、ネットワークにプログラムを設置しなければならないためです。しかし、特に小企業の場合は、ウェブ基盤の会計プログラムを導入される事をお勧めしたします。

Q: 会計プログラムの選択基準とは?

A: 選択したソフトウェアの種類は、事業要求事項と拡張性や予算に応じて異なります。総体的な事業評価と、総体的な事業評価と連携する現在の要求条件を把握する事がとても重要です。また、使用されるソフトウェアが、状況に合わせてアップグレードされ、新しい規制を満たし、企業様と共に成長してゆく必要があります。プログラムに発展がないのであれば、投資価値がありません。 幸いにも、様々な価格から選択する事が出来る多くのオプションを提供しております。

Q: ウェブ基盤の会計プログラムの長所は?

A: ウェブ基盤ソフトウェアの長所は、サーバーのメンテナンスを行わずに、いつでもどこでも使用する事が出来る点です。 全職員がリアルタイムでデーターにアクセスする事が可能であり、経営環境の変化に応じてシステムのアップグレード が頻繁に行われる点も利点として挙げる事が出来ます。