会社紹介

ECOUNTが歩んできた道 その道のりをご紹介いたします。

"どうして中小企業は成長痛を克服する事が出来ないのだろうか?
いまだに運営の中核である資金管理、在庫管理、人事管理をどんぶり勘定で管理している中小企業様も少なくはありません。どうしてでしょうか?企業の運営をなるがままに 管理されたいというCEOは、当然ながらいらっしゃらないと思います。業務をしっかりと管理したくても、そのために必要な人的、時間的、資金的費用への投資余力が負担となるのが要因です。 そこでECOUNTは考えました。
  "業務管理システム構築を低コストで素早く導入してみよう"
  "中小企業様の経営環境は、急激に変化してゆくため、簡単に対応出来るようにしよう!"
  "今だけではなく10年後にも業務の特性に合わせてシステムを自ら変えられるERPを作ろう!"
こういった進取的規制からECOUNTの歴史ははじまりました。
変化する業務の流れに対応し、内部的な管理をしっかり確立しながら、多方面で節減出来る費用を抑えられるのであれば 全ての中小企業が共に成長してゆく事が出来るだろうと考えたECOUNTは、新しい挑戦を始まました。  

"中小企業様のために最も進歩した技術は、システムを標準化する事だ"

1999年 大韓民国発のウェブ基盤ECOUNT ERPは、既存のERPという概念を打ち砕く新しい変化の出発点でした
ECOUNTは、管理に戸惑う多くの中小企業が費用負担なく、持続的に ERPシステムを運営出来るよう '標準化'をモットーを胸に 最も進歩した技術を作り、これらを通じて数多くの成長を成し遂げて来ました。ECOUNTが実現した '標準化'は下記の事柄です。
  • ERPをお手頃な使用料で提供し、価格政策を単純にしつつ連続性を維持する。
  • ERPに複数のシステムを構築し個別的に提供せず、一つのシステム内で多くの企業にサービスする。
  • 企業様の成長に合わせてERPもその変化に素早く対応できる技術を具現化する。
  • 製造, 流通,サービスなど業務別特性を考慮し、業種に合ったシステムをカスタマイジング出来るよう機能を提供する。
  • モバイル環境など多様なディバイスで使用出来るようにする。
  • 企業様が管理される業務を効率的に管理出来るよう、必要とされる全ての機能を開発し適切に結合させる。
ECOUNT ERPに接する企業は時間にも場所にも制限を受けず、会計、在庫、生産、営業、人事など、管理が必要な全ての業務をお手頃な価格で管理出来るようになりました。
システムは、即時にカスタマイジングが出来るため、ERP導入時点から企業様の成長と業務環境の変化にも、一切の追加費用なく即時に対応する事が可能になりました。
低コストで現在だけではなく、未来にも継続してご利用頂けるERP、 ECOUNTは中小企業様が心から望むERPを作っていくつもりです。

"絶え間ない挑戦、グローバル ERPの飛躍"

ERP 分野で大韓民国代表ブランドとして位置づけしたECOUNT ERPは、世界的な代表ブランドとしての地位を確立すべく、もう一度出発点に立ちました。
日本語、英語、スペイン語、中国語、韓国語、など多国語サービスを通じて、ECOUNT ERPという一つのシステム内で各ユーザーごとに言語を選択し同時に利用する事が可能になりました。
また、ECOUNTの現在を築き上げたウェブ基盤のS/Wである利点と、システム標準化という進歩した技術力でグローバル市場の進出に成功し、 全世界のユーザーの気持ちを理解するERPを通じて、企業様が望む膨大な未来を開拓する事が出来ました。

"未来にもっと飛躍するERP!"

ECOUNTの最終的な目標は、全世界全ての中小企業がECOUNT ERPを通じて幸せになって頂く事です。
そのためECOUNTは、設立日から現在まで企業が要求する多様性を収束してシステムを標準化する作業に続けます。
未来に発生するであろうご要求事項がすでに反映されているのなら、ユーザーは未来に発生する変化にも簡単に対応する事でしょう。
ユーザーの気持ちを事前に考え察する事、これはECOUNT ERPをご利用される全ての企業様が共に幸せなってゆく事だと思います。
皆が幸せになる未来のために、ECOUNTは、これからも研究し続けます。